「ラーメン」タグアーカイブ

板橋区役所前「来味」新潟名物、美味しいラーチャン。

旧中山道の商店街、仲宿交差点を加賀西公園方面へ下ると、左手に新潟の名店「来味」が現れる。この場所はラーメン屋が著しく入れ替わる建物で、クルマでよく通る道。

「あれ、新潟の来味? まさか」

と思っていたけど入らずじまいだった。

続きを読む 板橋区役所前「来味」新潟名物、美味しいラーチャン。

目白「さんかく」半年のインターバルから復活。やっぱりここのワンタン麺は文句なしの美味しさ。

店主の菅原は体調を崩し、その療養のため暫く店を閉じていた。昨年の11月頃めでたく再開したと噂を聞き、店を訪れた。

続きを読む 目白「さんかく」半年のインターバルから復活。やっぱりここのワンタン麺は文句なしの美味しさ。

下赤塚「麺や河野」穏やかに美味しい醤油チャーシュー麺。

「小野ちゃん、下赤の河野なかなかいいよ。行ってみたら」

と、成増「べんてん」の田中さんからラーメン屋情報。仕込みの合間にたまに行っている店らしい。麺や七彩出身のこの店、前からその存在は知っていたけど、促されてやっと行く気になった。

続きを読む 下赤塚「麺や河野」穏やかに美味しい醤油チャーシュー麺。

和光市「大鷹ラーメン」新メニュー、麻婆辛シビ麺、メチャ旨!

数ヶ月に一回ほどドライブをする。新目白通りから谷原の交差点を右折。笹目通りを真っ直ぐ行って、川越街道手前の道を左折。突き当たりの三叉路を右折、左手には自衛隊朝霞駐屯地。川越街道を超えて、朝霞駅を右手にみながら直進。新河岸川を渡って右折、和光富士見バイパス、この道路が大好きで、ここに差し掛かるとジャズラップのUS3のCantaloopをフルボリュームで聞くのが至福の時。そのまま真っ直ぐ、県立和光高校を通り過ぎ大宮バイパスから高島平を抜けて帰路に着く。このパターンが多い。

続きを読む 和光市「大鷹ラーメン」新メニュー、麻婆辛シビ麺、メチャ旨!

新富町「帯笑」焼豚わんたん麺、焦がしネギ油の風味よし。

築地にある飲食店舗経営やマグロの輸入を手がける会社で、午前中に打ち合わせを終えた。

築地からあてもなく新大橋通りを茅場町方面へプラプラ。途中新富町を過ぎてから横丁を徘徊、目に飛び込んできたのが「帯笑」だった。

続きを読む 新富町「帯笑」焼豚わんたん麺、焦がしネギ油の風味よし。

神楽坂「五芳斎」鶏ガラの風味が楽しめる美味しい美味しいワンタン麺。

「最近、大仰な暖簾ぶら下げて、たいそうな能書きをたれるラーメン専門店が方々に出現してね、オレにはどうもキラビヤか過ぎる。確かに昔より優れたラーメンに進化したことは認めるよ。でも『音無の構え』とでも言うのかな、客を後ずさりさせない、風潮に左右されない本流を崩さない味わいに近ごろ心が奪われるんだな、そんな店が『五芳斎』。年を食ったせいかね、なあ、小野ちゃん」

続きを読む 神楽坂「五芳斎」鶏ガラの風味が楽しめる美味しい美味しいワンタン麺。

池袋「滝野川大勝軒」元旦、2日の特別メニュー。スパイスラーメン美味しかった。

昨年の暮れ。

「滝野川大勝軒で元旦、2日にスパイスラーメン出すんですよ」

と東池袋大勝軒の飯野さんからの連絡。

「えっ、スパイスラーメン!」

「エーラージのラージさんとコラボしたんですよ」

「それは面白いね。食べに行くよ」

続きを読む 池袋「滝野川大勝軒」元旦、2日の特別メニュー。スパイスラーメン美味しかった。

新宿「天府舫」(テンフファン)この坦々麺は優れもの。

斜向かいにある「味噌屋八郎商店」へお邪魔したときに見つけた店だ。

昼時行くとちょい行列、人気店のようだ。店内は割と広めで、従業員は全員中国人で、客は全て日本人というコントラスト。

続きを読む 新宿「天府舫」(テンフファン)この坦々麺は優れもの。

高円寺「六九麺」12月1日オープン。醤油らぁ麺いただきました。

高円寺の古着屋を巡ってトレーナーとネルシャツを購入した。その帰り、12月1日オープンのラーメン屋を確認する。

「ロック麺か、入ってみよう」

続きを読む 高円寺「六九麺」12月1日オープン。醤油らぁ麺いただきました。

錦糸町「生駒」久々にパーコーカレーチャーハンいただきました。

錦糸町南口から京葉道路を両国方面へ。公園に姿を変えた大横川の江東橋を渡って三つ目の信号の手前右手に「生駒」がある。

この店に来るのは5年ぶりになるかな。

続きを読む 錦糸町「生駒」久々にパーコーカレーチャーハンいただきました。

上板橋「魂の中華そば」開店3周年記念の限定ラーメンいただきました。実に美味しかった。


12月11日は「魂中」の開店3周年とのこと。そこで店主が世の中で一番大好きだった、都電荒川線「学習院下駅」にあった蕎麦屋、「栄家」の中華そばモチーフに1日限定のラーメンを提供。「栄家」へのオマージュでもあるようだ。

続きを読む 上板橋「魂の中華そば」開店3周年記念の限定ラーメンいただきました。実に美味しかった。

東十条「タンメン食堂大ちゃん」美味しいタンメンいただきました。

「麺処ほん田」の斜向かいにど派手な看板を掲げるタンメン専門店が突如出現した。

店内右手に券売機、これが牛丼の「松屋」方式のシステムでちょいわかりずらい。

続きを読む 東十条「タンメン食堂大ちゃん」美味しいタンメンいただきました。

日暮里「花家」老舗の甘味屋。1年のインターバルを経て、8月30日にリラューアルオープン。めでたし。

ある日「花家」を訪ねたら見当たらない。

「あれ? どこいったんだろう

道を隔てた向かいの店のおばちゃんにたずねると、

「あ~花家さん、いま建て直してるのよ」

よかった。てっきり閉店してしまったのかと思った。

続きを読む 日暮里「花家」老舗の甘味屋。1年のインターバルを経て、8月30日にリラューアルオープン。めでたし。

西国分寺「一葉松(ヒトワマツ)」酸辣飯、餃子、油そばどれも美味。この店主、味のセンス抜群。

国立に住む知人から勧められて訪れた「一葉松」。この界隈の人々は「よくある町の中華料理屋の味わい」と言っているようだけど、実際いただいたら、都内でもこの店に肩を並べる店はそう多くないと思った。

続きを読む 西国分寺「一葉松(ヒトワマツ)」酸辣飯、餃子、油そばどれも美味。この店主、味のセンス抜群。

新板橋「醤油ラーメン柴」ザ・ラーメンといったシンプルながら美しいデコレーション。ガラの深い旨味と乾物の風味香る美味しい醤油ラーメン。

「新板橋駅に新しいラーメン屋で出来たんだけど知ってる。旨いんだなこれが」

とある立ち飲み屋で出会った社長さんからの情報だった。

続きを読む 新板橋「醤油ラーメン柴」ザ・ラーメンといったシンプルながら美しいデコレーション。ガラの深い旨味と乾物の風味香る美味しい醤油ラーメン。

西武柳沢「一丸」体の芯から癒される穏やかに美味しいワンタン麺。

JR、私鉄、地下鉄各沿線をあてもなく巡ることがしばしばある。そして意味もなく見知らぬ駅に舞い降りて界隈をプラプラする。これが楽しい。

「西武柳沢駅って何があるのかな…」

北口の富士街道沿いにある「浦安」という鰻屋が目に留まる。

「これ、持ち帰り専門店か」

店で食べられないので再びプラプラ。これといった店が見当たらず、南口へ。界隈を30分ほど徘徊、気になった店が「一丸」だった。

続きを読む 西武柳沢「一丸」体の芯から癒される穏やかに美味しいワンタン麺。

北戸田「成都式坦々麺双六」ロジャース戸田店の横にある味わいの坦々麺、旨し! 駅からかなり離れているけど、この店はいいね。

坦々麺専門店の「双六」は、西川口のはずれにあるスーパー銭湯「七福の湯」の帰りに、よく通った店だった。てもある日、忽然と姿を消してしまった。

大宮バイパス沿いのディスカウントストアー「ロジャース」に用があり、駐車場に車を留めると目の前に真新しいラーメン屋が、

「あれ、この店双六じゃね…」

偶然見つけてしまった。「ロジャース」の横で復活していたのだ。

続きを読む 北戸田「成都式坦々麺双六」ロジャース戸田店の横にある味わいの坦々麺、旨し! 駅からかなり離れているけど、この店はいいね。

吉祥寺「一圓」深い旨味のスープと滑らか麺、そして超巨大餃子の競演。

吉祥寺に用があるとすればなんだろう? まだ行ったことはないけど「ジブリ美術館」これいまんところの課題。それと「いせや」で飲む、そのぐらいか。若い頃はただこの界隈を徘徊するのがちょっとは楽しかったけど、もはや打ち合わせなどがない限りまず訪れない街だ。久々に来たら、お嬢さんオバ様のま~綺麗でセンスのいい人が多こと、目の保養になる。

続きを読む 吉祥寺「一圓」深い旨味のスープと滑らか麺、そして超巨大餃子の競演。

加須「来集軒久下店」クセにさせられる穏やかに美味しいラーメンと何個でも食べられる小ぶりなシュウマイ、どれもピカイチ。

埼玉県の加須に浅草「来集軒」と関わりのあるラーメン屋があるとの情報で、友人3人で訪れた。県道152線沿いにあり、東武伊勢崎線「加須駅」、「花崎駅」のほぼ中間で、両駅からはえらく遠い道のりだ。開店と同時に訪れるとすでに満杯、しばらくしてテーブル席に通される。

続きを読む 加須「来集軒久下店」クセにさせられる穏やかに美味しいラーメンと何個でも食べられる小ぶりなシュウマイ、どれもピカイチ。

小台「北珍」誰も知らない街の中華屋。油そば旨し!

 

この場所はちょっとした離れ小島で、店へのアプローチも様々だ。最寄りの駅は都電荒川線「小台駅」で、「小台大通り」の脇道の「小台銀座本通り商店街」を明治通り方面へ抜け切ったところにある中華屋。実はこの日、近所にある錦州餃子の「華味」に行くつもりだったけど、どうも開店する気配がない。

「しょうがない、プラプラするか…」

で見つけたのがこの「北珍」だ。

続きを読む 小台「北珍」誰も知らない街の中華屋。油そば旨し!

五反田「支那そば はせべ」地元で人気の佐野ラーメン。

五反田東口、怪しい風俗街の一角に「はせべ」がある。昼時はサラリーマン、OLで賑わう人気店だ。店内はカウンター6席に4人席テーブルが2卓。メニューはラーメン各種のみ、餃子やライスなどは置いていない。

続きを読む 五反田「支那そば はせべ」地元で人気の佐野ラーメン。

御徒町「超大吉」開店当初より進化。ガラと乾物のバランス良し、また麺も美味しいね。

ここは「バラそば屋」など運営する会社の別ブランドのラーメン専門店。開店当初、スープは家系を思わせる風情だったが、乳化具合がやや弱めになったような?

続きを読む 御徒町「超大吉」開店当初より進化。ガラと乾物のバランス良し、また麺も美味しいね。

千歳船橋「勢得」町屋から移転して10年ほど、相変わらずの盛況ぶりに安心した。ここのつけ麺旨いね。

かつて荒川区の町屋で2001年にオープンした「勢得」。僕の記憶だと、大家か不動産屋との折り合いが良くなかったようで、2007年頃に千歳船橋に移転したと思う。町屋の頃は、高田馬場にあった「べんてん」によくご夫婦で食べに来ていた。

続きを読む 千歳船橋「勢得」町屋から移転して10年ほど、相変わらずの盛況ぶりに安心した。ここのつけ麺旨いね。

山形・鶴岡「琴平荘」(コンピラソウ)10月から5月までしか営業しない旅館の噂のラーメンを食ってきた。この店主は只者じゃない、すべてのラーメンが旨かった。

仙台で一泊し、朝7時半に車で出発。高速「山形自動車道」を進むと、月山の付近で雪に見舞われる。およそ2時間半の道のりで、日本海に面した旅館「琴平荘」にたどり着く。

「何番目ぐらいかな」

2~3時間待ちなんて噂されていて、山形の寒空で行列することを覚悟して重装備。

「あれ! そんなに車止まってないな…」

平日だからか、乗用車が2台。どこに並べばいいのか迷っていると、先客が旅館の中へ入っていったので、その後に続いた。

続きを読む 山形・鶴岡「琴平荘」(コンピラソウ)10月から5月までしか営業しない旅館の噂のラーメンを食ってきた。この店主は只者じゃない、すべてのラーメンが旨かった。

東中野「しろぼし」どこかチャンコ鍋をホウフツさせるメチャ旨のラーメン。

相撲グッズでデコレートされた店内、カウンターは5席、2人掛けのテーブルが3卓となっている。店主は元力士のようで、その体格の良さに目を見張る。

続きを読む 東中野「しろぼし」どこかチャンコ鍋をホウフツさせるメチャ旨のラーメン。

ときわ台「香雅」地元民しか知らない、抜群に旨い昔ながらの醤油ラーメン。背脂トッピング無料だ。

昔々、常盤台駅南口を降りた向かいのビルの3階に、音楽の貸スタジオがあった。20代の頃バンドをやっていて、ここをよく利用していた。その練習終わりに中華屋の「長栄飯店」、「華月園」などに寄って腹ごなしをしたものだった。その中にこの「香雅」もあった。

続きを読む ときわ台「香雅」地元民しか知らない、抜群に旨い昔ながらの醤油ラーメン。背脂トッピング無料だ。

門前仲町「しんば」雑味のないクリアーな醤油ラーメン。美味しいね。

門前仲町に来ると「おはる」か「こうかいぼう」でラーメン、「キッチンまつむら」でハンバーグやメンチカツ、または「富水」で魚のランチが多い。富岡八幡宮の前はよく通る道だけど、「しんば」は3階にあって、なかなかその存在に気付かなかった。

続きを読む 門前仲町「しんば」雑味のないクリアーな醤油ラーメン。美味しいね。

江戸川橋「綏彩」何をいただいても安心の美味しい中華屋。

江戸川橋の話はこのブログでよく書いているけど、サラリーマン時代過ごした界隈で、この店はたまに訪れていた。

客層は近所の本の問屋、印刷屋、製本屋、そこに訪れる営業マンやOLでいつも賑わっている。店内は中華料理屋というよりどこか純喫茶風情の佇まい。

続きを読む 江戸川橋「綏彩」何をいただいても安心の美味しい中華屋。