「カレー」タグアーカイブ

江戸川橋「キッチンタロー」なにを食べても文句なし。老夫婦で営む味わいの洋食屋。

神楽坂に用があるときは、江戸川橋まで下って行って「キッチンタロー」でランチを食べることが楽しい。

続きを読む 江戸川橋「キッチンタロー」なにを食べても文句なし。老夫婦で営む味わいの洋食屋。

蓮根「喫茶はすね&OneFour」昼は喫茶店、夜はバーの二毛作。カレーライスが何気なく旨い。

店の前を通るたびに気になっていた喫茶店だった。随分昔から知ってはいたけど、近所の「東洋軒」、「栄楽」、「安べい」へお邪魔してしてばかりで入りそびれていた。

続きを読む 蓮根「喫茶はすね&OneFour」昼は喫茶店、夜はバーの二毛作。カレーライスが何気なく旨い。

外苑前「信越そば」読者からのメールで初めて知った立ち食いそば屋のカレー丼。これ何気なく秀逸です。

ボクの中であまり比重を占めていないのが立ち食いそば屋で、とにかくおろそかになっている。最近読者からメールが届いた。

続きを読む 外苑前「信越そば」読者からのメールで初めて知った立ち食いそば屋のカレー丼。これ何気なく秀逸です。

錦糸町「生駒」久々にパーコーカレーチャーハンいただきました。

錦糸町南口から京葉道路を両国方面へ。公園に姿を変えた大横川の江東橋を渡って三つ目の信号の手前右手に「生駒」がある。

この店に来るのは5年ぶりになるかな。

続きを読む 錦糸町「生駒」久々にパーコーカレーチャーハンいただきました。

池袋「サンライズダイニング」ネパール人が作る美味しいドメスティックカレー。

新板橋の目的の店が休みだった。事前に確認しない悪い癖。あてもなく、下板橋方面や、これといった店もなく、春日通りを渡って池袋へ。

続きを読む 池袋「サンライズダイニング」ネパール人が作る美味しいドメスティックカレー。

新宿「グリル&バーハナヤ」上海角煮カレーいただきました。


西武新宿駅の「PePe」に入っている「COEN」がバーゲンだったので、買い物。残念ながらお目当てのものはなく退散した。駅を出て北口方面へ歩いていると「フジTV27時間カレー対決100点満点で勝利。上海角煮カレー1000円」の看板が目に飛び込んできた。

続きを読む 新宿「グリル&バーハナヤ」上海角煮カレーいただきました。

早稲田「スパイスカレー&カフェセント」12月5日オープンのスパイスカレー屋。チキンとフィッシュの合いがけいただきました。

淡麗系ラーメンの「らぁ麺やまぐち」が移転した後、しばらくしてから改装が始まった。

「なんの店が出来るんだろう…」

と気になっていていたらスパイスカレー屋だった。12月5日のオープン。ちょっと忙しかったので、本日お伺いすることが出来た。

続きを読む 早稲田「スパイスカレー&カフェセント」12月5日オープンのスパイスカレー屋。チキンとフィッシュの合いがけいただきました。

高円寺「negonbo33」ラムキーマとポークビンダルーの2種盛りいただきました。

この店の本店は西武池袋線「西所沢駅」にあり、公共施設でもないのに駅前の看板に地図が記載されていて、カレーマニアが遠方から訪れる地元の人気店だ。
支店が出来たことを知ったのは、高円寺の古着屋に勤める後輩からの情報だった。11月21日に開店したばかり。

続きを読む 高円寺「negonbo33」ラムキーマとポークビンダルーの2種盛りいただきました。

新宿3丁目「ジーズバー」11月26日オープン。バーを間借りする昼のスリランカカレー。

「小野さん、新しいスリランカのカレー屋できましたよ」

とこの近所で編プロを営む友人からの情報。翌日さっそく訪問した。

続きを読む 新宿3丁目「ジーズバー」11月26日オープン。バーを間借りする昼のスリランカカレー。

東銀座「カラオケパブ凱旋門」カラオケパブのランチのカレーライス。これが何気なく旨い、安心の美味しさ。

「歌舞伎座」を背にして、晴海通りを渡った銀座5丁目界隈。ある日カレーの看板を発見。

「あれ? どこでやってるんだろう…」

雑居ビルの中を覗くと6階にあるカラオケパブのランチらしい。この日は昼飯を終えたばかりなので後日訪れた。

続きを読む 東銀座「カラオケパブ凱旋門」カラオケパブのランチのカレーライス。これが何気なく旨い、安心の美味しさ。

ときわ台「吉祥軒」炒飯復活、久しぶりにエビカレー炒飯いただきました。

前回、ご主人の腕の腱が断裂して半年ほどのインターバルを経て復活した話を紹介した。

でもまだ病み上がりで、炒飯などの激しく腕を使うメニューはまだまだだった。

続きを読む ときわ台「吉祥軒」炒飯復活、久しぶりにエビカレー炒飯いただきました。

錦糸町「アジアカレーハウス」ベンガルのドメスティックカレー、メチャ旨!

錦糸町は思い出したように訪れる。昼食を済ませて、南口駅前にある「魚寅」に寄ってマグロブツや旬の魚介を購入して帰るパターンが多い。そんな時に見つけた、平日は夜しかやっていない怪しいカレー屋が気になっていた。

「土日だけ昼やってるんだ…」

続きを読む 錦糸町「アジアカレーハウス」ベンガルのドメスティックカレー、メチャ旨!

御茶ノ水「ビストロべっぴん舎」名店のDNAを引き継ぐスパイシーカレー

この店が開店したのは2年ほど前かな、近所に勤める友人から教えてもらったのが最初。エチオピアの並び、駿河台下の交差点のビルの2階にある。店内はカウンター6席、窓際にテーブルが8席ぐらいかな。

続きを読む 御茶ノ水「ビストロべっぴん舎」名店のDNAを引き継ぐスパイシーカレー

新橋「ガネー舎」ボリュームの具材で満足満腹、たまにはスープカレーもいいね。

スープカレーに出合ったのは20数年前になるか、札幌の「木多郎」、「スリランカ狂我国」、「アジャンタ」、「マジックスパイス」などの店で洗礼を受けた。当時は30数件ほどしかなかったけど、現在150店舗は超えているのかな。東京にブームが来たのはボクが「横濱カレーミュージアム」で名誉館長をしていた頃、札幌の「マジックスパイス」に出店してもらったが始まりだと思う。

続きを読む 新橋「ガネー舎」ボリュームの具材で満足満腹、たまにはスープカレーもいいね。

練馬「ケララバワン」穏やかなスパイス感の南インドカレー。

今でこそ南インドカレーはポピュラーになったけど、10年ほど前はその店舗は数少なかった。南インドカレーで一番の老舗と言ったら市ヶ谷の「アジャンタ」。その数十年後、閉店したけど南砂町の「デリーダルバール」にちょい衝撃を受けた。2003年頃に銀座の「ダルマサーガラ」、京橋「ダバインディア」などが相次いでオープンし、南インドカレーのブームが巻き起こる。ここ「ケララバワン」も2004年にオープンしている。

続きを読む 練馬「ケララバワン」穏やかなスパイス感の南インドカレー。

高田馬場「ブラザー」進化し続ける美味しいカレー。もはや夢民の再来か、って感じ。

下落合から高田馬場に移転してきておよそ半年。「鯖キーマ」や季節の「牡蠣カレー」など新メニューも加わり、すっかり地元の人気店になってなによりだ。

続きを読む 高田馬場「ブラザー」進化し続ける美味しいカレー。もはや夢民の再来か、って感じ。

堀切菖蒲園「スパイス喫茶コーヒーロー」穏やかな味わいの南インド風カレー、実に旨し。

堀切はちょい馴染みの町だ。初めてこの地に降り立ったのは「弁慶」という背脂系のラーメンを食べに来たのが始まり、30年ぐらい前かな。

久しぶりに来たらカレー専門店「アルー」の暖簾が黄色に変わっている、前からだったかな…。

それと「哈爾濱餃子」が休業中、オジちゃんかオバちゃんの具合でも悪いのかな。居酒屋だと焼きトンの「のんき」はたまに行く、この近所にあった居酒屋の名店「水トク」は、ご主人が他界して閉店したんだけど、店の前までいったら看板が下ろされていた。

「先週まで看板あったんだけどね」

と自転車で通りかかったオバちゃん。

「そうなんですか」

どうやら人が住めるように改装しているようだった。

ある日、この近所に住む友人から、

「光陽楼って中華屋がさ、カレー屋に変わったんだよ、一応小野に伝えておこうと思って」

と去年の話。で最近訪れることが出来た。

続きを読む 堀切菖蒲園「スパイス喫茶コーヒーロー」穏やかな味わいの南インド風カレー、実に旨し。

御徒町「クローバー」カルダモンの仄かに香るスープ状の軽やかなカレー、これ旨し。体が徐々に癒されていくような味わい。

ある日、飲み友の塚ちゃんとラブちゃんに誘われて、御徒町にある中国東北地方の鍋が楽しめる「味坊鉄鍋」へ訪れた。一通り食べ終わり表に出るとこの店の真隣の2階に「オリーブ」というカレー専門店が目に留まった。

続きを読む 御徒町「クローバー」カルダモンの仄かに香るスープ状の軽やかなカレー、これ旨し。体が徐々に癒されていくような味わい。

幡ヶ谷「スパイス」地元に愛されるスパイシーで穏やかに旨い、洋食スタイルのカレーライス。

幡ヶ谷にはランチを食べに来るだけで、この辺りで飲んだことがない。カレー屋だと「カリヒオ」、「青い鳥」。ラーメン屋だと「金色不如帰」、「福丸」、「弥彦」といった店にお邪魔している。そんな店の一つが「スパイス」だ。ここを訪れるのは何年ぶりだろう。

続きを読む 幡ヶ谷「スパイス」地元に愛されるスパイシーで穏やかに旨い、洋食スタイルのカレーライス。

伊勢佐木長者町「カレーハウスキッチンY」深い旨味とコク、ほどよくスパイシーな洋食カレー、昔と変わらず抜群の美味しさ。

この店に出合ったのは、関内「伊勢佐木モール」に「横濱カレーミュージアム」が開館してボクが名誉館長に就任した頃だった。ミュージアムの裏手に発見し、その美味しさに魅了された。

続きを読む 伊勢佐木長者町「カレーハウスキッチンY」深い旨味とコク、ほどよくスパイシーな洋食カレー、昔と変わらず抜群の美味しさ。

御茶ノ水「カレー屋ジョニー」適度に洗練された美味しいスタンドカレー。

神田明神への初詣は20数年になる。11時頃、表通りに規制線が張られ、長蛇の列。待っていられないので、裏道から参道脇を抜けてお参り。帰りにおみくじを引いたら大吉。

「良かった~」

参道の脇にある「三河屋」で甘酒を購入、これで体を温めて1年が始まる。仕事が残っているので御茶ノ水駅近辺へ戻る。

「なにか気の効いた店はないかな…あれ、カレー屋ジョニーやってるんだ、入ってみるか」

続きを読む 御茶ノ水「カレー屋ジョニー」適度に洗練された美味しいスタンドカレー。

阿佐ヶ谷「對山館」小綺麗なギャラリー喫茶のシンプルカレー。

阿佐ヶ谷駅南口からJRの高架沿いを高円寺方面へ。左手に瀟洒な喫茶店「對山館」が現れる。打ち合わせの前に腹ごなし、って感じで、観葉植物に隠れるようにカレーライスの小さな暖簾があったので突入した。

続きを読む 阿佐ヶ谷「對山館」小綺麗なギャラリー喫茶のシンプルカレー。

神保町「パンチマハル」神保町屈指のスパイスカレー。メチャ旨だよ!

このカレー屋もすでに神保町では古株になった。店には全く関係ないけど、ワケあって「パンチマハル」とは疎遠になっていた。ちょいほとぼりが冷めたので、6年ぶりに店を訪れることができた。

続きを読む 神保町「パンチマハル」神保町屈指のスパイスカレー。メチャ旨だよ!

原宿「ブリティッシュインディアンカフェ1930」裏原宿にある小洒落たインドカレーとアフタヌーンティーが楽しめるカフェ。

渋谷、明治通り沿いにある洋服の直し屋で、パンツの丈詰めをオーダーして界隈をプラプラ。表参道を渡って、裏原宿を徘徊、千駄ヶ谷へ抜ける静かな路地裏、欧米人やアジア人の観光客が目立つ。

続きを読む 原宿「ブリティッシュインディアンカフェ1930」裏原宿にある小洒落たインドカレーとアフタヌーンティーが楽しめるカフェ。