「うまい店紹介」カテゴリーアーカイブ

御徒町「天正」の大江戸上天丼、旨いね~

PAP_0431

JR御徒町駅南口を出て、昭和通り方面へ向かい、昭和通りにぶつかる台東三丁目の交差点を渡って秋葉原方面へ進む。三つ目の路地を左折し、100メートルほど先の右側に「天正」が現れる。徒歩7分ってところか。

続きを読む 御徒町「天正」の大江戸上天丼、旨いね~

韓国ソウル「真味食堂」濃厚な旨味爆発のカンジャンケジャン

SN3J0332

ソウルばかりだけど、韓国へは7回ほど訪れている。きっかけは弦大(ホンデ)という若者が賑わう街で(東京で例えるなら渋谷のようなところ)、ここで日本人の友人がラーメン屋を開いた。

「ラーメンの味を確かめに来てもらいたいんだけど」

これをきっかれに初めて韓国を訪れた。地下鉄2・4・5号線「東大門運動場」(現在駅名が変わり、東大門歴史文化公園になっている)付近にあるキャバレーと併設された怪しいホテルが定宿で、ここを起点にして、仕事の合間にいろいろな街に繰り出し、名物料理を食い倒した。

そこで出合ったのが「カンジャンケジャン」だ。

続きを読む 韓国ソウル「真味食堂」濃厚な旨味爆発のカンジャンケジャン

西荻窪「サジロクローブ」おしゃれなカフェ風のインド・ネパールカレー

DSC03186

ちょっとクルマ屋に用があって、西荻窪を訪れた。青梅街道沿いにその店があり、道の途中善福寺川の手前左手におしゃれな店を発見。というよりは前から知ってたんだけど、入る勇気が沸かなかった。目的の店が12時開店なのでまだ時間がある。意を決して飛び込んだ。

続きを読む 西荻窪「サジロクローブ」おしゃれなカフェ風のインド・ネパールカレー

群馬県榛名湖「彩湖庵」山道をクルマで攻めた後のワカサギフライの定食

PAP_0435

年甲斐もなく、山道をクルマで攻めてみたい衝動に駆られる時がある。

前に乗っていたクルマは「miniツインインジェクション」だったので、その頃は自前で走ってたんだけど、現在はSUVで山道は攻められない。仕方なく、ビンテージ車を数台所有する小金もちの友人に頼み込んで、イタリアのラリーカーの名車「ランチア・デルタHFインテグラーレEVO.2」を借りた。

続きを読む 群馬県榛名湖「彩湖庵」山道をクルマで攻めた後のワカサギフライの定食

成増「道頓堀」めちゃ旨ラーメン、抜群の安定感

DSC03169

「なあ、道頓堀って知ってるか、食ってみなマジ旨いぞ」

と、「光が丘」というマンモス住宅街に住む友人からの情報だった。16年前のこと。

この「光が丘」は元々「グラントハイツ」という米軍の住宅地で、僕の幼少期の遊び場で、よくMPに追っかけ回された思い出の地。このハズレの一角にあったのが「道頓堀」だ。現在は東武東上線「成増駅」に近い、川越街道沿いに移って相変わらず行列している。

続きを読む 成増「道頓堀」めちゃ旨ラーメン、抜群の安定感

蒲田「ニーハオ」元祖羽根付き餃子、絶品!

ニーハオ05

羽根付き餃子の元祖「ニーハオ」をご存知だろうか。僕はこの店を訪れると、焼き餃子、ゆで餃子を各3人前ずつ、ついついいただいてしまうのだ。カリカリと香ばしい焼き目、モチモチとした皮、噛みしめれば旨味の肉汁がほとばしり、口の中を火傷覚悟でパクついてしまう、とにかくめっぽう旨いのだ。それも焼き餃子が1人前300円とはありがたい。

続きを読む 蒲田「ニーハオ」元祖羽根付き餃子、絶品!

御茶ノ水「ディラン」美味しいインドカレー

DSC02655

開店と同時に満席になる「ディラン」。寡黙なマスターは、八重洲「ダバインディア」、東銀座「グルガオン」、京橋「カイバル」系列で働いていた人で、ここの出身の日本人コックはどの店も繁盛している。

続きを読む 御茶ノ水「ディラン」美味しいインドカレー

高田馬場「大地のうどん」博多うどん

サラリーマン時代、福岡に出張することが多かった。夜は取引先との飲み会ばかりで、翌日は胃袋が疲れている。そんなとき出合ったのが博多うどんだ。讃岐と違って麺に強いコシがなく、喉越しがいい。ごぼう天や、まる天をよくいただいた、これが胃袋に優しいのよ。 続きを読む 高田馬場「大地のうどん」博多うどん

東陽町「カマルプール」ランチのカレーとラムミントカレー

PAP_0109

東京メトロ東西線「木場駅」から永代通りを東陽町駅方面へ進み、東陽三丁目の交差点を左折。須崎川緑道公園にぶつかる左角に「カマルプール」がある。徒歩5といったところか。

続きを読む 東陽町「カマルプール」ランチのカレーとラムミントカレー

御茶ノ水「ポンチ軒」絶品のカツカレー

DSC03069

この「ポンチ軒」の経緯は複雑だ。かつて赤坂に「旬香亭」という和テイストの洋食屋があった。ランチでよく訪ねていたけど、知らないあいだに閉店、静岡に移ったという話。ある日、赤坂をプラプラしていて大通り沿いに「フリッツ」というとんかつ屋が出現。数人でお邪魔して、ロースやヒレ、カツカレーを注文。ロース、ヒレも良かったんだけど、なによりカツカレーがビックリするほど美味しかった。調べると「旬香亭」に関係した人がこのとんかつ屋をやっているという話。しかしここも閉店。「あのカツカレー食べたいな…」って漠然と思っていたら、御茶ノ水に「ポンチ軒」が出現。たまたま入ってカツカレーを食べたら「あれフリッツに似てるな…」で、また調べたらこの店は「フリッツ」をやっていた人だった。そしてちょっと前に目白駅向かいの新築ビルに「旬香亭」が突如あらわれ、近所だったのでオープンまもなく入って何気なく「カツカレー」を注文したら「ポンチ軒」と瓜二つ。どうやら姉妹店のようなのだ。

続きを読む 御茶ノ水「ポンチ軒」絶品のカツカレー

牛込柳町「カフェドモモ」激辛激旨のビーフカレー

PAP_0155

このブログでたまに登場する中村直也さんが、この店のことを、

「突き抜けた美味しさっていうのは人を選ぶもので、決して万人受けはしないけど、特定の人に対しては大きなインパクトを与えるんだよね、ここのビーフカレーはそんな味わいだね。激辛でオイリー、ゴロゴロホールスパイスが入っていて、人によっては嫌われる三大要素がそろい踏みだけど、旨いんだよね」

続きを読む 牛込柳町「カフェドモモ」激辛激旨のビーフカレー

池尻大橋「蓮月」で出合ったカレーライス

IMG_7727

お店以外で、他人が作ったカレーで唯一感激したことがある。それは中村直也さんがこしらえたインドカレーだ。彼は伝説のロック喫茶「ナイロン100%」の初代店長を務めた人で、その後テレビ業界に身を置き、「カルトQ」などのクイズ番組を手がけた人物。いまはイベントのプロデュース、編集、物書きを生業にしている。彼と知り合ったのは、装丁家の白畠かおりさんを通じて、もう十数年前のこと。

続きを読む 池尻大橋「蓮月」で出合ったカレーライス

神田「まつや」老舗蕎麦屋のカレー丼

DSC03071

明治17年創業、戦火をまぬがれた建物は重厚で歴史を感じる。この店に通ってかれこれ30年ほど。ここの蕎麦は石臼で蕎麦の表皮と一緒に挽いた「挽きぐるみ」と呼ばれるもの。麺はやや長めで、ちょっとざらつくはずの「挽きぐるみ」だけど、ここはツルッとした喉越しで、濃い口のツユはやや甘めでこれがいい。

続きを読む 神田「まつや」老舗蕎麦屋のカレー丼

浅草「むつみ」釜飯の名店

DSC01607

釜飯にはあまり興味がなかった。その理由は、あの混ぜご飯のような中途半端なたたずまい、確固とした主張をしない具の姿、おかずもなくただメシをほおばるという作業。下手な店に入れば、スーパーで売っている着色したような汁漬けの山菜が散りばめられていたり、塩ジャケが入っていたりと、釜飯の悲しい思い出を語ったらキリがない。そもそも、いい店に出合ってなかったということなのだ。

続きを読む 浅草「むつみ」釜飯の名店

川越「頑者」埼玉のつけ麺の覇者

CA320249

埼玉地域で「つけめん」の覇者といっても過言じゃない「頑者」。いつ訪れても開店から閉店まで、客が途絶えたのを見たことがない。店先に並んだとたん、動物ガラと、魚介の乾物が融合した香りに、胃袋が刺激され、僕の前に並んでいる客を片っ端からあの世に葬って真っ先に食べたい、そんな衝動に駆られる。ちょっと大袈裟だね。

続きを読む 川越「頑者」埼玉のつけ麺の覇者

八丁堀「琴ヶ梅」ちゃんこ鍋

IMG_5402

力士料理「琴ヶ梅」を知ったのは、友人から送られてきたお土産がきっかけだった。その美味しさに驚いてしまい、

「この鍋ってどこで食べられるの?」

と友人に電話をしてしまったほど。その鍋の正体は「水晶鍋」、これが抜群の美味しさなのだ。

続きを読む 八丁堀「琴ヶ梅」ちゃんこ鍋

神田「シャヒダワット」のビリヤニとカレー

DSC03106

インドの炊き込みご飯、「ビリヤニ」をご存知だろうか? ツヤツヤとオレンジイエローに光彩を放つライスを一口いただくと、しっとりと滑らかなご飯の舌触り、スパイスの複雑なハーモニー、素材の旨味が凝縮されたその味わいに、誰もが虜にさせられる。

続きを読む 神田「シャヒダワット」のビリヤニとカレー