上北沢「はな田」久しぶりに美味しいラーメンに出合った。


「新大久保にあった『めとき』に似たラーメン屋が上北沢に出来たのよ」

「食べたの?」

「美味しかった。小野ちゃん行ってきたら」

と某居酒屋の常連のK氏。

上北沢はクルマでは通ったことがあるが、駅に降りるのは初めてだった。静かな住宅街、住んでいる人には申し訳ないが、ときめく店がないな~。

小さく短い商店街、甲州街道にぶつかる手前左手に「はな田」があった。

11時開店。1番乗りだった。券売機で「特製ラーメン」980円を購入。カウンターに座ると、

「小野さんですよね」

「あっ、はい小野です」

「アタシ東池袋の『エーラージ』で働いていたんです。小野さんが取材に来たのよく覚えてます」

「いや~そうなんですか」

「うちのダンナです。彼は東池袋の『大勝軒』で働いていて、そん時知り合ったんですよ」

世の中は狭いな~。

「新大久保の『めとき』に影響受けた店だって聞いてきたんですよ」

「いや~それ言われると緊張します」

彼は「めとき」に衝撃を受け、弟子入りを試みるが丁寧に断られたそうだ。

「似た味だったら永福町の『大勝軒』に頼んでみたら」

と主人言われたが、永福町「大勝軒」は従業員を募集していなかった。そこで東池袋の「大勝軒」に入店する。

「ラーメンの知識がなくて、同じ店名だから系列店だと思っていたら、まったく違う店なんで。ハハハ」

と店主の花田拡さん。でもその勘違いで奥さんと知り合えたのだからなによりだ。

※かつての「めとき」のご主人とラーメン。

「お客さんに「めとき」信者の方が多くて『これはめときじゃない!』って言われるんですけど、まったく同じもの出しても自分のラーメンじゃなくなるんで、変えてるんですよ」

その通りだね。似てはいててもオリジナリティーを出さなければ店を開いた意味がない。

そして待望のラーメンの登場。

なみなみのスープ、ナルト、三角海苔の姿は確かに「めとき」をホウフツ。ただ焼豚はバラ肉だ。スープを一口。

「これメチャ旨いですよ」

「よかった~」

仄かな煮干の風味、潔い醤油の切れ味の中に、薄らと感じる甘味とコク。

麺は中細の縮れ。これ中加水でややパツンとしてツルツル。バランスがお見事。久しぶりに美味しいラーメンに出合った。

確かに「めとき」を思い出させてくれるが、これは「はな田」のラーメンとして確立している。

「ごちそう様です。ホントに美味しかった」

「ありがとうございます」

〈店舗データ〉

【住所】東京都世田谷区上北沢41610 電話0368835754

【営業】11時~15時 18時~21時

【休日】月

【アクセス】京王線「上北沢駅」北口から徒歩3分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください