銚子「中華そば坂本」美味しいラーメンと幸せの黄色いカレー。


昨年の夏、銚子に寿司を食べに行ったとき気になっていたラーメン屋「坂本」。友人にその話をしたら「一緒に食いにいこう」となり、クルマで銚子まで飛ばし、開店20分前に到着。我々が一番乗りだった。

「寒いのにちょっと待ってね」

とお姉さんが店から顔を出して挨拶してくれた。

しばらくすると、我々の後に客がちらほら並び始める。まだ10時過ぎなのに。しばらくすると暖簾が掛かり店内へ。

いい感じの燻し銀に仕上がった内装。左手にカウンター3席。中央に6人、4人テーブル各1卓。右手に4人テーブル3卓。そして奥に座敷があり、4人テーブル2卓となっている。

ご主人の顔が見えないのでお幾つだかわからないけど、お姉さんの話に寄れば病み上がりでまだ本調子じゃないようだ。

「チャーシューワンタンメン1つとゴマラーメン1つ、カレーライス2つと餃子2つお願いします」

「かしこまりました」

少々たのみ過ぎたかもしれない。しばらくすると老カップル、ご隠居、近隣で働く客が来店。ほとんどがラーメン半カレーをオーダーしていた。

「お待ちどうさまです」

まずはカレーライスのお目見え。

「これボリュームあるな~」

客が半カレーを注文していたことに納得した。ライトイエローに佇む昔ながらのカレーライス然とした絵姿に食欲が加速する。

まずは一口。

「旨いね~」

これ抜群に旨い。滑らかな粘度で軽やかながら旨味充実。カレー粉のバランスがいい。具はやや大き目なバラの豚肉と玉ネギ。

卓上のソースをかけて味変して楽しめる。

餃子は下味がしっかり入り、肉と野菜のバランスがいい。これタレを付けなくてもいけるね。

チャーシューワンタンメンは軽やかで味わいでメチャ旨。

麺の中を探ると昆布が現れる。この淡い美味しさは、昆布ベースメインのガラスープなのか。ストレートの中細麺は、やや柔らかく滑らかな口当たり。

ワンタンはチュルンとしていい歯ざわりだ。チャーシューもメンマもいい。

そしてゴマラーメンは芝麻醤をではなく、醤油に摺りゴマベース、ラー油で辛味を効かせた味わいでこれもいい。

「全部美味しいね」

「来てよかつたな」

都心から高速を飛ばして2時間半、かなり遠いけど来た甲斐があったな。

〈店舗データ〉

【住所】千葉県銚子市陣屋町2-3

【営業】10時30分~15時

【休日】水

【アクセス】銚子電鉄「観音駅」から徒歩3分 JR成田線・総武本線「銚子駅」から徒歩10分

※駐車スペース12台


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください