浅草橋「百そば」鶏天ぶっかけ蕎麦、メチャ旨。


この稼業、仕事がなければいつも休み。気楽に思えるが、3ヶ月全く仕事の依頼がない、なんてことがたまにあり、それは気がそぞろになる。

夏休みらしい休暇をとったことがなく、この日はお盆の真っ只中。思いつきで浅草橋に舞い降りるも、中華「水新菜館」、札幌ラーメン「天竜」もことごとく休みだった。酷暑のなか1時間ほど徘徊したがどうもピンとくる店がない。

「あれ、この蕎麦屋見たことなかったな~。鶏天そばか…、メチャメチャ旨そうだな…」

表のメニューが気に目が留まる。小奇麗な外観、こりゃ入るっきゃない。

券売機で「名物鶏天ぶっかけ蕎麦」850円を購入した。店内も清潔で、従業員は全員女性。カウンター6席に4人テーブルが3卓のスペース。

「いらっしゃいませ、温かい蕎麦か冷たい蕎麦、どちらにします」

「ぶっかけで」

「かしこまりました」

隣の客が食べているへぎ蕎麦に似たものが気になる。これも旨そうだな~。

3分ほどで鶏天ぶっかけ蕎麦の登場。ちょい大きめな鶏天が4つに、小さなかき揚げにナスと大葉の天ぷら。食欲をそそるビジュアルだ。蕎麦徳利にはほどよく冷やされた蕎麦ツユ。

最初からかかっていないのがいいね。

まずは鶏天をガブリ。下味が軽く入っていて熱々でジューシー、美味しいね。

好みでちょろちょろと蕎麦ツユを注ぎ、食らいつく。

「旨い!」

蕎麦の歯ざわり適度で、ほどよく細麺。合間にワサビを溶かしながらいただく。暑い中1時間も歩いていたので、このぶっかけそばは胃袋に優しいし、なおかつ旨い。

フィニッシュは卓上の蕎麦湯で割って、蕎麦ツユを飲み干す。

隣の客の蕎麦は「雪板蕎麦」で蕎麦の上に山ワサビ(ホースラディッシュ)が散らしてあるものだった。その他「自家製大判きつね蕎麦」や「南高梅蕎麦」も旨そうなんだな。また来なくちゃ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都台東区柳橋1325 電話0358469138

【営業】11時~16時

【休日】無休

【アクセス】地下鉄浅草線「浅草橋駅」A6出口から徒歩1分 JR総武線「浅草橋駅」東口から徒歩2分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください