東十条「机上の空論」正調醤油ラーメンといったビジュアル。美味しいね。


オープンしてから2年ほど経過しているけど、初めての訪問となる。

この店名を耳にしたとき、広尾の割烹屋「賛否両論」を思い出した。別に何か関わりのある話じゃないけど、ただ響きがね。

開店前にすでにカップル2人組が待っていた。11時30分になると店内のカーテンが上げられオープン。

券売機で中華そばか煮干し中華そばに悩むが、プロトタイプの味を知るべく「中華そば」750円+「味玉」100円を購入する。

店内はL字のカウンター7席。生真面目そうな40半ば過ぎのご主人と中国訛りの女性2人で切り盛り。

いかにも正調醤油ラーメンといったビジュアル。やや厚みのある焼豚2枚、肩ロースとモモかな? 細切りメンマ、海苔にネギ、小松菜。アクセントにノの字のナルトが可愛らしい。

スープはスッキリとして潔い醤油味。これ無化調かな。

中細のストレート麺はやや柔らかめの茹で加減、これ中間の加水だと思う。

焼豚は独特な風味があって旨いね。これ何を使っているのか。味玉はやや甘めのタレで仕上げている。

ご主人の丁寧な仕事ぶり、突出した個性があるわけじゃなく、あくまでも穏やか。この一杯はふとした時に恋しくなる味わいだな。次は煮干し中華だな。

〈店舗データ〉

【住所】東京都北区東十条3116 電話0369033688

【営業】11時30分~14時30分 17時30分~21時 日11時30分~14時30分

【休日】月

【アクセス】JR京浜東北線「東十条駅」北口から徒歩3分 地下鉄南北線「王子神谷駅」3番出口から徒歩3分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください