大山「支那ソバおさだ」2021年12月20日にオープン。美味しいワンタンメン。


東武東上線「大山駅」の池袋寄りの最初の踏み切り脇に、目黒の名店「かづ屋」で働いていた方が「支那ソバおさだ」を2021年12月20日にオープン。

年明けに初訪した。店先に客が1人待ち、しばらくするとボクの後ろに行列ができる。

「お一人ですか、中で食券を購入してください」

と非常に感じのいいフロアーのスタッフ。券売機でワンタンメン+味玉を購入して席に着く。カウンター6席に4人テーブルが2卓。麺茹ではテボではなく珍しくザルで上げるスタイル、技術がいるね。

「はいお待ちどうさまです」

大ぶりなワンタンが4つに味玉、紅糟(ホンチァオ)いわゆる紅麹で色付けされた? チャーシューが2枚。食欲がそそられる絵姿だ。

スープを一口。

「旨いね。これはやっぱかづ屋の味だな」

醤油のキリっとしたエッジに軽やかな旨味が加わり旨い。

麺は中細のストレートは滑らかで茹で加減がちょうどいい。

チャーシューはロースかな、脂身はないがほどよく柔らか。

しっかりと下味の入った肉々しいプリプリのワンタン。

メンマもいい。

次回はワンタン坦々麺だな。

〈店舗データ〉

【城所】東京都板橋区大山金井町38-1

【営業】11時〜15時 18時〜21時

【休日】月

【アクセス】東武東上線「大山駅」東口・北口から徒歩3分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください