高田馬場「真打みかさ」この美味しい焼きそば、実はモダン焼きだった。


 

高田馬場のある立ち飲み屋で、見知らぬ客と話をしていたら、なんと焼きそば専門店「みかさ」のオーナー福島三郎さんだった。

「焼きそば旨いですね」

「ありうございます」

「ただ気になるのが、あの焼きそば、モダン焼きにしか思えないんだけど」

「実はその通りなんですよ」

話によれば、もともとモダン焼きを出していたが、中の具材の焼きそばがやたら注目され、

個人のSNSなどで美味しい焼きそば専門店が出来た、と方々で出回ったそうだ。

「だったら焼きそば専門店にしよう」と言うことになったらしい。酔っていたので確かこんな話だった。

後日訪れると福島さんがニコニコと出迎えてくれる。3回目の訪問だ。

「どうも」

まずは鉄板で肉と野菜を炒めちょいソースを絡める。

そこに茹で上げた自家製の太打ち縮れ麺を乗せコテで手際よくかき混ぜる。ソースを再び絡め、皿に盛り、鉄板で素早く玉子をほぐして柔らかいうちに焼きそばの上に。再びソースを垂らし、鰹節を乗せて出来上がり。

卓上の千切りの長ネギ、揚げ玉、紅ショウガを乗せてパクリ。

「旨い」

滑らかな舌触りの太麺、トロンとした玉子、ちょい甘辛のソース。混然一体となって実に旨いんだな。

激込みの神保町の「みかさ」は後輩に譲って、この店で静かに過ごしたかったそうだが、そうはいかない。すでに繁盛店になっている。

〈店舗データ〉

【住所】東京都新宿区高田馬場410 電話0359374489

【営業】11時~21時

【休日】不定休

【アクセス】JR山手線「高田馬場駅」戸山口から徒歩3分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください