千駄木「にしきや」美味しいつまみ、そのサイズ感、コスパもバツグンの居酒屋。


「ちょっと気になる居酒屋があるんだけど、付き合ってくれない?」

と飲み友のMちゃんからの連絡。

仕事でちょい遅れるとのことで、ボクは千駄木「にしきや」に開店前に一番乗り。しばらくするとカップルや家族連れが列び始める。人気店のようだ。

「2人です。あとから1人きますので」

「はい、テーブルへどうぞ」

カウンターに座りたかったが、4人席に通される。こんなに混んでるのにいいのか?

とりあえず生ビールを注文。待っていると3人連れのオバちゃんたちが入ってきた。席がないので、自らカウンターに移動した。その5分後にMちゃんが入店。

まずは「煮込み」450円。軽やかに旨味で飲みのイントロとして最適。

カウンターには70半ばのご主人とその息子。板前の従業員1人にフロアーのお姉さん2人で切り盛り、結構な大所帯だ。息子と思われる板前は、気持ちのいい機敏で的確な指示。

次に「水ナス」300円と「〆サバ」500円。どちらもほどよく塩梅良し。

途中熱燗に切り替える。

この店ハモが売りのようなので「ハモ天」600円をオーダー。サクっとシットリ、天つゆの塩梅も良し。旨いね~。

そして「万願寺唐辛子」400円。

「冬瓜豆腐じゅん菜掛け」400円。Mちゃんが一口頬張る。

「これ美味しいね」

「ホントだ。メチャ乙な味わいだな~」

冬瓜を摺り下ろして片栗粉などでトロミを付けたものに、じゅん菜の淡い味わいの餡が絶妙にマッチ。

そして「アワビステーキ」900円は、これまたタレの塩梅抜群で、アワビ自体の量は少ないものの、それを補う付け合わせが素晴らしい。

 

「この店いいね」

「確かに。つまみの量が少なめで色々なものが楽しめるのがいいわ」

北千住「酒屋の酒場」同様、つまみのサイズ感、コスパも優れている。

しめて6020円とは実にありがたい。

〈店舗データ〉

【住所】東京都文京区千駄木3347 電話0338280935

【営業】17時30分~23時

【休日】日・祝

【アクセス】地下鉄千代田線「千駄木駅」2番出口から徒歩1分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください