西荻窪「ラヒパンジャビー・キッチン」パキスタン庶民の日常のカレー


PAP_0096

日本にあるインドカレーの多くが宮廷(ムガール)カレーで、あのエッジの効いていないぼやけた味は僕の好みではない。一方のパンジャブカレーは、北インドからパキスタンの一般庶民が楽しむカレーと言ってもいい。ここのカレーはその部類にあって、やたら凝った味付けではなく、素材が活かされた味わいだ。

店内は狭小だけど居心地がいい。

カレーはどれもパキスタン庶民が常食しているもので、日本ではあまり見かけないスタイルこれがどれを食べても旨い。

ご覧のものは「エビカレー」と「チキンカレーラヒパンジャビーキッチンスタイル」

ラヒパンジャビーキッチン06

ラヒパンジャビーキッチン07

エビの甲殻の香ばしさ、味噌の旨味が濃厚でスパイスといい具合に融合。これと一緒に食べてもらいたいのが、名物「ブラウンライス」。パキスタン産のバスマティライスにフライドオニオンで炊き込んだもので、フライドオニオンの香ばしさがプラスされた風味は、このカレーにベストマッチ。

またチキンは旨味に加えスパイスのシャープさ、エッジの尖ったな味わいは秀逸。これに全粒踏んで作られた丸いナンがおすすめ、サクっとした食感が素晴らしい。

ご主人のラヒームさん曰く、

「日本のナンはどうしてで細長いの?」と言っていたけど。確かにインドにはあんな形状のナンは見たことがないんだよね。

PAP_0094

PAP_0095

その他「マトンマサラ」、「砂肝のカレー」、「タンドリーチキン」もいいね。

〈店舗データ〉

【住所】東京都杉並区西荻南3-15-17 2F 電話03-3338-7860

【営業】12時~15時 17時~22時半ラストオーダー 【休日】月曜日

【アクセス】JR中央線・総武線「西荻窪駅」南口徒歩2分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA