庚申塚「昭和歌謡ショー」無化調ながら骨格のしっかりしたメチャ旨ラーメン。


巣地蔵通り商店街と大塚駅に抜ける交差点のすぐそばに、奇妙なネーミングのラーメン屋「昭和歌謡ショー」がある。

この界隈でランチだと「ときわ食堂」か「ファイト餃子」を主に利用していて、そんな折に一度だけ入ったことがある。このブログを始めるずっと昔のことで、写真はあるけど、古いガラケーのものなので再撮したかったが、えらく時間が過ぎてしまった。

店内はカウンター5席のみ。50半ばのご主人が一人で切り盛り。店名の通り、BGMはキャンディーズ、シャネルズ、石川ひとみなどの歌謡曲が流れている。メニューは醤油、白醤油、女のニンニクラーメンなど。昔食べた「中華そば半熟玉子入り」980円をオーダーした。

待つこと6分。

「丼をテーブルに置きますから、はいどうぞ。チャーシュー1枚サービスです」

と気さくなご主人。

※下は昔撮ったガラケーの写真。随分違うね。

サービスチャーシューを入れて3枚、ホウレン草、細切りメンマ、海苔、半熟玉子にアクセントのナルト、食欲をそそる美しいデコレーション。

スープを一口、旨い! 化学調味料が無添加らしいが、ありがちなボヤけた味ではなく、きちんとした旨味と醤油のエッジが立っていて素晴らしい。

ストレートの細麺は滑らかでツルツルでメチャ美味しい。最近淡麗系のラーメンが流行っているけど、多くの店が蕎麦ツユのようなスープでどうも納得がいかない。これは淡麗系の部類じゃないけど、無化調なのでほぼ一緒だけど、これはラーメンとしてしっかりとした骨格をもっている。ご主人が「女のニンニクラーメン」を一押ししていたので、次は間を開けずこれを食べに来よう。

〈店舗データ〉

【住所】東京都豊島区巣鴨4352巣鴨岩下ビル1階

【営業】11時~15時 17時~22時

【休日】月

【アクセス】都営都電荒川線「庚申塚駅」から徒歩1分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA