秋葉原「南部や」朽ちかけた怪しい雑居ビルの地下街にある、味わいの居酒屋。


秋葉原界隈で、末広町、岩本町、神田寄りには落ち着ける飲み屋はちらほらあるが、駅近所となると難しい。大人数の時は別として、この年齢で大型チェーン居酒屋にはまず入りたくない。

ある日、大通り沿いにある、朽ちかけた雑居ルの看板に目が留まった。

「中華の新煌、居酒屋町役場と村役場、南部やか…」

恐る恐る地下へ下ると、煮〆った地下街。ここは勇気を振り絞らなけりゃ立ち寄れないエリアだな。その一角に「南部や」があり、すっかり気に入ってしまった。

この日は打ち合わせで夜の秋葉原へ。2人「南部や」へお邪魔した。右手にカウンター5席ほど、中央に10人ほどの大テーブル、その回りに4人テーブルがちらほら。ホール係、厨房の職人は全員70を超えた方々。味わいがある。初めて入店したとき、注文した煮物が全く甘くなく、感心してしまったのだ。

まずは生ビールで乾杯。お通しは枝豆のつみれ煮。

ほどよい漬け具合のコハダ。

冬瓜の煮物、トロ~んとした食感、出汁が効いてて旨いね。

アスパラ肉巻き揚げ。サクっとホクホク。

イワシのさつま揚げ。余計なつなぎのないビッシリとイワシの風味。

岩手名物のひっつみ、もっちりとして美味しかった。

380~700円ほどでリーズナブルすべてが旨い。

燗酒は岩手の南部美人。これが日本酒らしい酒で実にしっくりくる。

客層はサラリーマン、カップルたちで賑わっている。

〈店舗データ〉

【住所】東京都千代田区神田佐久間町114第2東ビル地下1階 電話0332518577

【営業】16時30分~23時30分

【休日】日・祝

【アクセス】JR各線「秋葉原駅」昭和通り口・中央口から徒歩1分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください