雑司が谷「都電テーブル」修行僧風情の青年がこしらえる、煮干や魚の乾物のみで仕上げた、体が癒される美味しいラーメン。


友人が雑司が谷にある靴屋で、セミオーダーの革靴を発注するのに付き合った。

「セミオーダーなんてお前ずいぶん金持ってるな」

「足が痛くてどうにも我慢できなくてさ、仕方ないんだよ」

その足で、鬼子母神、雑司が谷をプラプラ。

「なんだこの店!」

オープンエアーのカウンター8席のみ、かつては八百屋だったのかそんな店構え。メニューを見るとどうやらラーメン屋のようだ。

「入ってみるか?」

「だな、面白そうだし」

メニューは「素ラーメン」とそのトッピングメニューにご飯もの。

店主はどこか修行僧のような青年。カウンターでなにか下処理している。よく見ると大量の煮干の頭とハラワタを取り分けている。

「ボクはラーメンに焼豚、煮玉子、海苔お願いします」

友人は出がけにちょい腹ごしらえをしてきたらしく、冷やし半ラーメンに蒸し鶏と空芯菜をオーダーした。

最初に登場したのはトッピング各種。

そして素ラーメンの登場。

スープを一口すすると、深い旨味と乾物の風味。

「美味しいな~」

友人の冷やしラーメンを味見、これも爽やかで実に美味、どこか冷麺にも似ている。

そして具材を乗せて再びいただく。

「これ動物ガラ使ってるんですか」

「いえ、煮干とサバ節、その他いろいろです」

「乾物だけでこの味出すってことは、相当な量を使ってますね」

「そうなんですよ」

「コストかか待ってますね」

「ええ」

客席だけにクーラーがついていて、厨房にはなく、この夏は地獄のような暑さで気が遠くなるほどとか。だから客席のカウンター内で煮干を下処理しながら涼んでいるそうなのだ。今年の3月オープンとか。

「ラーメン屋なんですけど、いまはほぼ飲み屋状態ですね」

卓上の醤油は天日塩でこしらえた加熱処理をしていないもの。食材や素材にこだわっているようだ。いずれにしても穏やかに美味しいラーメン。夜飲みに来たら楽しそうだ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都豊島区雑司が谷2216 0369142836

【営業】11時30分~14時30分 17時~21時

【休日】不定休

【アクセス】都電荒川線「鬼子母神前駅」から徒歩6分 地下鉄副都心線「雑司が谷駅」1番出口から徒歩6分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA