門前仲町「おはる」宮本輝の『泥の河』をホウフツとさせる渋いラーメン屋、五目そば旨し!


dsc07203

終戦まもない大阪のある川を舞台に、うどん屋を営む家族と、対岸の川で客を引く屋形船の家族との陰影を描いた、宮本輝の『泥の河』をご存知だろうか?

門前仲町から永代橋の手前、仙台堀川と大横川を結ぶ、名もない運河のたもとに「おはる」というラーメン屋を見かけたとき、『泥の河』の主人公の少年二人が、今にもその「おはる」から飛び出してくるような錯覚に陥ってしまった。そんな佇まいのラーメン屋なのだ。

dsc07190

創業から40年ほど、先代の頑固なご主人は現在81歳とか、1年前に引退し、2代目を息子さんが引き継いだ。

dsc07194

1年ほどしか経験がないのに、麺上げするザルの手さばきは見事。

「この店やる前に長いこと中華料理屋のコックやってたんですよ」

なるほどね。

dsc07186

お勧めはなんといっても「五目そば」(楊州麺)900円だ。色とりどりな具が食欲をそそる。極太メンマほどよい味付けで柔らか、焼豚はしっかりと下味が入り美味。スープはゲンコツのみでサッパリとしながら旨味充実、ストレートのやや細麺がいい具合に絡んで、実に美味しい。

img_2933

img_2940

img_2943

また「わんたん麺」700円は極めてサッパリとした醤油味。ほんのわずかな具の雲呑は潔い。

dsc07196

img_2951

img_2949

先代の頃は、客は食べ終えた丼を表にある流し台に置き、お勘定するのが流儀だったが、二代目は優しい人柄なのでこのシステムはなくなった。

dsc07192

店内はカウンター5席、4人席のテーブル1卓。オープンエア風情のテーブル1卓、表の長椅子でも食べられる変わった作りだ。今にも朽ち果てそうな店の佇まい、この雰囲気がラーメンをさらに美味しく感じさせてくれる。

〈店舗データ〉

【住所】東京都江東区永代11111 電話0336414609

【営業】11時30分~14時30分

【休日】日曜日

【アクセス】地下鉄東西線・大江戸線「門前仲町駅」4番出口から徒歩7分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA