銀座「泰明庵」蕎麦屋なんだけど、夜の酒の肴豊富で旨し。飲み屋としての華もあるね。


銀座で酒を飲む感覚は希薄だ。あまりこの界隈を知らないのもあるけど、やはりオヤジの聖地、新橋や神田へ流れてしまう。と言いながらも、泰明小学校の脇道にある蕎麦屋「泰明庵」は、銀座でちょい飲みがあるとき立ち寄る数少ない店の一つ。ウイークデーの夜は予約を入れないとまず入れない人気店だ。食事をする連中は基本1階で、酒を飲む輩は2階と住み分けされている。

蕎麦屋にも関わらず、酒の肴の充実ぶりに目を見張る。その日の仕入れで変わる刺身各種、「めばるの煮付け」、「白魚の玉子とじ」、各種天ぷらなど50種類弱。

この日は銀座で野暮用があり、その帰り。

「小野さん泰明庵やってますかね」

とボンボン社長。

「入れるかどうかわからないけど、ちっょと行ってみるか」

ということでお邪魔したら2階のテーブルが空いていた。この店は夜が賑わうので、土曜日1時過ぎはこんな感じなのだろう。

とりあえずビールで乾杯し、蕎麦焼酎の蕎麦湯割に切り替える。

ちょっと前まで蕎麦焼酎の入れ物は、リポビタンDのような空き瓶だったけど、姿を消した。あの瓶、風情があってよかったのに、なぜなくしてしまったのか。

つまみは「だし巻き玉子」これ嫌味な甘さが一切なく、確かな出汁の旨味、フンワリとした舌触りは秀逸。

「ぎんぽの天ぷら」は、ほどよい歯ごたえのやや薄衣、

「水なす」は瑞々しく、塩水に軽く漬けているようで塩加減がバッチリ。

「地蛤焼き」は大粒の身、ちょい高いけど旨いね。

それと蕎麦屋にきたらやっぱり「板わさ」だよね。そして締めに「もり蕎麦」を一枚。

いずれにしてもこの泰明庵、蕎麦屋なんだけど、居酒屋としての華がある。とにかく居心地がいいんだよね。

〈店舗データ〉

【住所】東京都中央区銀座6-3-14 電話 03-3571-0840

【営業】月~金11時~21時 土11時30分~15時

【休日】日・祝

【アクセス】地下鉄各線「銀座駅」C2出口から徒歩約3分

東京都中央区銀座6-3-14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA