西高島平「しらかば」旅人気分に浸れる「赤塚城跡」の麓に佇む定食屋。


この高島平界隈は都営三田線が通ってない頃から知っている。当時は四方八方野原で、マムシやカエル、ザリガニを獲りに遠方から遊びに来たものだ。三田線が通ってから、巨大な団地が林立し、賑やかだったけど、今では住人の高齢化とともに空家が増え、「無印良品」とのコラボで団地をリノベーションして若い夫婦にアプローチしたり、高齢者の見回りなどを条件に学生に安く賃貸したりと、いろいろ工夫をして空洞化を防いでいるようだ。

憩いの場所は「赤塚公園」の一箇所として今も残る「赤塚城跡」。「郷土資料館」、「板橋区立美術館」など、城跡がある小高い丘は春には桜などが楽しめ、「郷土資料館」横の池ではご隠居たちが釣りを楽しんでいる。

ここは駅からそんなに離れてないけどアクセスが悪く、土地勘がないとなかなかたどり着けない、言ってみれば陸の孤島。でも散策するには心地がいい。

ご隠居の集う池の辺に「しらかば」という中華定食の店がある。いつからここにあるのか定かじゃない、ずっと昔から気になっていたけど、入る勇気が沸かなかった。ある日意を決っして飛び込んでみた。

 

店内はL字のカウンターと座敷があり、客はまばら、オバちゃん2人で切り盛りしている。

この日注文したのは「中華丼」、

「つけ麺」は7~800円ほど、

「餃子」は確か400円だった。

カウンター横の厨房ではオバちゃんが鍋を振るう、中々堂に入った手さばきだ。

「中華丼」は具沢山で、ややオイリーながらほどほどにいい味。「つけ麺」はやや酸味の効いた極めてあっさりとした醤油スープ、ザル中華って感じだね、割スープも添えられて麺の量も充分、どれも食べ応えがある。「餃子」は野菜多めで形容しがたい独特な風味でほどほどの味わい。特筆するものはないけど、殺風景な空間に、どこか旅先の定食屋にふらっと入ったような錯覚、何気なく楽しい気分に浸れるんだよね。メニューを眺めると酒の肴が豊富で、ここ夜に尋ねたらもっと気分良く食事やお酒が楽しめるかも知れない。

ここは三田線の終着駅で、近隣に「赤塚公園」、首都高や住宅と若干殺伐とした雰囲気の地域だけど、のどかな景色を豊富で、散歩がてらに立ち寄るにはいいかもね。

〈店舗データ〉

【住所】東京都板橋区三園120電話0339394045

【営業】11時~14時 18時~21時

【休日】月・火

【アクセス】都営三田線「西高島平駅」から徒歩9分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA