池袋「割烹吉野」偶然訪れた割烹料理屋でいただいた、極めてレベルの高い料理の数々にビックリ。


池袋駅西口交番前で7時30分に待ち合わせ。友人2人のボンボン社長が現れる。友人といっても随分年下だけど、この2人は某名門私立の小・中・高の同級生、なぜかその仲間に加わっている。

「どこいきますか?」

「う~ん、この間「千登利」だったから、「豊田屋」にしようか、う~ん」

3人思案する。

「たまには別のところにしましょうか」

とあたりをプラプラ。ここでもない、あそこでもないと徘徊。

「この店知らないな」

「入ってみるか」

と突入。しっかりとした造りの店内、入口奥が座敷で右手がL字のカウンター8席ほど。

「カウンターしか空いてませんが、どうぞ」

「とりあえずビールお願いします」

「はいかしこまりました」

ビールで喉を潤す。メニューが見当たらない。

「コース料理のみとなっておりまして」

「えっ、それ早く言ってよ」

「5千円、7千円、1万円とございますが」

「いいか、じゃ5千円で」

カウンターには70前後のご主人とその息子さんと思しき板前、そして給仕の女子アルバイトの3人で切り盛りしている。焼き場では小魚が綺麗に並べられ焼かれている。

「先付けです」

と登場したのが「ジュンサイの梅酒の実和え」。ツルンとしたジュンサイ、梅酒の実の甘酸っぱさがこの季節を先取り、爽やかだ。そして「ハモの吸い物」。

「ダシがいいな、ハモ食べるの久しぶりだ」

途中日本酒に切り替える。秋田の「八重洲本醸造」1種類のみ。それを冷でいただく。

「小物4種」は、とおもろこしの練り物入り・焼きタラコ・ソラマメ・からすみ。

「それぞれ美味しいし、物がいいね」特にレアな焼きタラコが旨い。

お造りは「本マグロの赤身と鯛の昆布締め」鯛の塩加減と締め具合がドンピシャ。

「ここ旨いな」

「この界隈でダントツじゃないスか」

ボンボン社長2人とも、子供の頃からいいものを食っているのでよくわかっている。

そして焼き物は「小アユの塩焼き」。先ほど焼き場で焼かれていたものだった。香ばしく繊細な焼き具合。「茶碗蒸し」も文句なし。

「はいどんどん食べてね~、次いくからね~」

とフレンドリーなご主人。

「蒸しアワビとアワビのゼリー寄せプルーン合え」、

「海老?鯛?しんじょうの何かのすり流し」。他にも「ガリの炊き物」もあったけど、写真が見当たらない。3人バクバク食べていると、

「食べるの早いね~」とご主人ニコニコ。

次に「鯛の塩辛」。塩と味醂の加減がいい。

「これいい器だな~」

「よくお解りで、高いんですよ」

記憶違いかもしれないけど1個8千円とか言ってたかな、なんせ酔っているもので記憶が曖昧。

サービスに「鰻の肝の山椒煮」、これ乙な味わい。

これ何だったか思い出せない。これもサービス品。

そして「香の物」、「しじみ汁」、「お茶漬け」美味し。

〆のデザートは「抹茶ムース」となった。この店、なにを頂いてもスキがない。

「お店何年ほどですか?」

「45年ですね」

「え~、ぜんぜん知らなかった」

この界隈はかつて三業地で、30数年前、区画整理がされる以前は2階屋の連れ込み旅館なども多く点在していた場所で、また「ささ」という渋い居酒屋もあり、文人墨客に愛されていた界隈だ。

「赤坂や銀座の割烹行くんだったら、ここの方が美味しいな~」

と3人納得。もうお腹いっぱい。

「ホントに美味しかったです」

「ありがとうございます」

とご主人と息子さん。まだまだ隠れたいい店はあるものだ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都豊島区池袋2511ビラアコルデ1階 電話0339824547

【営業】17時30分~23時(L.O.22時)

【休日】日・祝

【アクセス】JR「池袋駅」北口から徒歩5分

「店のHP」http://www.toshima.ne.jp/~yoshino7/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA