東陽町「来々軒」タンメンと餃子の名店


SN3J0056

団地が密集する「東陽弁天アーケード通り」に、かつて「来々軒」というタンメンと餃子の名店があった。いつも行列で半年に1回のペースで通っていけど、残念ながら閉店。ところが、ここの常連だった客がこの味に魅せられ、元店主にそのレシピを教わり、永代通り沿いに2009年に復活させた。

SN3J0060

鶏の淡い清湯(チンタン)に野菜のエキスが溶け込んだライトな塩味。平打のややウェーブのかかったモチモチシコシコの重量感のある太麺。シャキシャキの野菜とともにかぶりつけば、これが旨い。スープがやや軽めなので、ちょっと物足りないと思う人もいるかもしれないけど、食べ終わる頃にちょうどよい塩梅になる。それでも物足りない人は、ほんのちょっと醤油を足し、ラー油を少々振りかければ味がグっと締まる。

SN3J0061

餃子は大ぶりでむっちり、パリパリの香ばしい焼き目、下味がほどよく入った餡。そのままでもいけるけど、やっぱ酢醤油にラー油が最適、これも旨い。

正直、かつての本家「来々軒」ほどではないけど、これも実に美味しいんだな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA