本郷「吉田とん汁店」美味しい豚汁定食1本勝負。その心意気は買いだけど、ほかに何かが欲しいな?


dsc07129

「本郷通りをクルマで走っているとき、豚汁専門店見つけたんですけど、小野さん知ってます?」

「いや、豚汁専門店なんて初めて聞いたよ」

とある立ち飲み屋の常連、便利屋の兄ちゃんからの情報だった。豚汁というと、クルマで旅行するとき早朝のドライブインで食べるか、とんかつ屋ぐらいしか機会がない。

「豚汁」だけで勝負している店っていい度胸しているし、そんなの成り立つのか不思議。でその検証のため訪れた。店は東京大学の正門前。看板に「吉田とん汁店」とあり潔い。店内はカウンター10席、40ちょい過ぎのご主人1人、ナッパ服を着た先客が2人いた。

「定食でよろしいですか?」

「あっ、はいそれで」

「大盛りにしますか?」

「普通で

なにも分からず言われるがまま。メニューに気づき眺めるとやはり「豚汁定食」680円のみだった。

dsc07131

「ホントに豚汁だけなんだな

dsc07135

登場したものは大きな丼に具だくさんの豚汁。

dsc07136

ご飯、小鉢は切干し、菜っ葉とウインナーのカレー風味炒め、大根の壺漬けと梅干の3皿。

img_2919

img_2922

豚汁をいただくと、普通に美味しい豚汁。具は大きめな豚肉、豆腐、大根、ジャガイモなど。う~ん、紛れもなく豚汁なんだけど、これだけでいいのか? おそらく日替わりで小鉢は変わるのだろうけど、豚汁のバリエーションを増やさなければ、飽きられてしまうんじゃないか、って心配してしまう。目の前の「地卵」に気づき、

dsc07137

dsc07138

「卵もらいます」

「はい」

「コレ何ですか?」

dsc07139

「それは食べるラー油で、ご飯にかけてみて下さい」

ご飯に溶き卵、食べるラー油を乗せて一口。美味しい、この食べるラー油、にんにく風味で一味が効いていてなかなか乙な味わいだ。

dsc07141

美味しいのは間違いないんだけど、しかし疑問が残る。

ラーメンやソバ、カレーだったら毎日食べてもさほど飽きないけど、豚汁は半年に1回食べればいいほう。リピーターが少ないだろうに。

例えば、商売をやる上で無駄はあるけど、定番の豚汁は常備して、日、週替わりでカレー風味、トマト風味、粕汁風、ボルシチ風とか。または具を変えるとか、例えば、豚ひき肉の団子、鶏団子、キドニービーンズ、黒豆、落花生などなど。あるいは「豚汁風ラーメン」とか「豚汁風うどん」なんてのもあっていいんじゃないか。

心意気は買う。でも大きなお世話だけど、もっとうまい商売考えられると思うんだけど。

〈店舗データ〉

【住所】東京都文京区本郷61 電話なし

【営業】11時30分~21時30分

【休日】日・祝

【アクセス】地下鉄大江戸線・丸ノ内線「本郷三丁目駅」3番出口から徒歩5分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA