新木場「新木場食堂・丸惣」早朝からの営業、陳列された出来合いのメニュー100品から好きなものをチョイス、なんだかホロリと泣けてくる定食屋。


新木場や豊洲界隈はかつて材木問屋や物流の倉庫が立ち並ぶだけで、今もあまり代わり映えしないけど殺風景な場所だった。現在はウォーターフロントなんて洒落たフレーズにほだされて新規のマンションに移り住む人々が多く、賑わっているようだ。でも正直この辺を歩いているとちょい悲しい気分に陥ってしまう。

でもね、「丸惣」を見つけたときはキラキラと胸が高鳴ってしまった。

※これが2階にある「丸惣2」

この定食屋はなぜか「新木場駅」の中に1階と2階の2店舗に分かれていて、2階にある「丸惣2」は風情があっていいね。面白いのはすでに出来上がったメニューが、なんと100品も棚に陳列されていること。この手のレイアウトは大昔の食堂でよく見かけたものだけど、いまほとんど姿を消してしまった。

まず客は陳列棚の料理を物色、気に入ったものをお盆に乗せて会計へ。味噌汁とご飯をよそってもらい、冷めた料理をチンしてもらう流れらなっている。なんだか学食って感じもあって懐かしい。

それぞれ一品は安いんだけど、あれもこれも欲張ってしまうとけっこうな値段になってしまうのも、この手の定食屋の常套手段だ。焼き魚、玉子焼、肉類、おひたし各種、ホントに目移りしてしまう。

料理は特別美味しいものじゃないけど、それなりの味わい。客層は時間帯によって異なるが、早朝7時から営業していて、朝飯を食っている人もいるけど、夜勤明けの人々は仲間同士でビールを飲みながら楽しそうに語らっている。その景色がいい。

そんな時間帯に定食を頂いていると、どこかの地方を旅している錯覚に陥り、なんだか泣けてくるんだな。

〈店舗データ〉

【住所】東京都江東区新木場11 電話0335216200

【営業】7時~22時30分 土10時30分~20時30分

【休日】日・祝

【アクセス】JR京葉線・地下鉄有楽町線・りんかい線「新木場駅」徒歩1分弱


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA