新宿御苑前「セラヴィーナガノ」路地裏のビストロでいただく最高にコスパのいいディナー


dsc05198

新宿通りの横町の裏通り、古びたビルの地下にあるビストロ。ランチに何回かいただいて、すっかり気に入ってしまい初めて夜に訪れた。

店内は我々含めて16席ほどがすでに満杯。いつもの通りシェフ1人、給仕の女性1人態勢。

dsc05196

Aコース「前菜・メイン・カフェ」3200円。

Bコース「前菜2種・メイン・デザート・カフェ」4400円。

Cコース「前菜2種・魚肉メイン2種・デザート・カフェ」5600円。

この日はBコース4400円にした。確かちょっと前まで3980だったと記憶している。このコスパすごいよね。比べてもしょうがないけど、今は亡き芝パークホテル内にあった「タテルヨシノ芝」は飲み物入れて5万円だったかな、でもここは最高に美味しかった。

町の寿司屋と銀座の寿司屋を比べているようなもので、まったく意味がないけどね。

まずはスペイン、カルターニャのスパークリングワイン「フレシネコルドンネグロ」375ml。このミニボトルが置いてあるなんていいね。ちょうどいい大きさだ。けっこうな辛口で果実の香りが鮮明。

img_0263

前菜は「アサリの冷製クリームスープとズワイガニのプリン、マスカルポーネ添え」は、アサリとズワイガニの風味が心地よく、マスカルポーネがちょい甘みと濃厚さを演出。

img_0264

「ハマグリ、真ダコ、モンゴウイカのオニオンマリネ」、ようはシーフードのマリネで、特筆するものはないけど、これも食欲を徐々に加速させてくれる一品。

img_0266

「ホタテ貝、スモークサーモン、クレープのパイ包み、ディール風」、サクサクの食感に魚介の風味と微かなハーブの香りよし。

img_0271

「豚ほほ肉、鶏もも、鶏レバー、リードボー、ソフトサラミのテリーヌ、生ハム添え」は、肉の旨味がほどよく凝縮、サラミの風味がアクセントで、マイユのマスタードがよくマッチ。

これを相方と分け合っていただいた。

メインは、

img_0272

「子羊の背肉、鴨のフォアグラソテー」、子羊は当然クセがなくサッパリとした味わいに、ちょい濃厚なフォアグラとちょい甘めなソースとの相性がいい。

img_0276

「バルバリー産鴨の胸肉、グリエ エピス風味 レンズ豆添え」、オーブンで香ばしく焼かれたサッパリとした鴨の胸肉に優しいミックススパイスの風味、僅かなレンズマメがけっこう強気に主張し、このコントラストがいい。

バケット、デザート、カフェがついて、このボリュームで4400円とは頭が下がる。2人でスパークリングワイン入れて1万ちょっとですよ。でも正直ランチのほうが色々とコンパクトに凝縮されていて、感動があったかな。

〈店舗データ〉

【住所】新宿区新宿2-8-10ニッシ ンビルB1F 電話03-3350-7610

【営業】12時~15時(L.O.14時)18時30分~23時(L.O.22時)

【休日】日曜日

【アクセス】東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」1番口から徒歩2分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA