上石神井「analog.」カレー屋で「ニンニク入れますか?」に驚かされた。でも美味しかった!


dsc06072

「パクチー入れますか? ニンニク入れますか?」

どこかで聞き覚えのあるセリフ。そうだ「ラーメン二郎」の「ニンニク入れますか?」だ。

まさかカレー屋でこのセリフを投げかけられるとは思わなかった。

ある日、西武新宿線「上石神井」を徘徊しているとき、どこからかスパイスのいい香りが漂ってきた。

「どこかの店だろう?」

とあたりをキョロキョロ、通りの角の店からだ。店名は「analog.」オープン前だった。中を覗くと40チョイ前ぐらいの青年が、忙しく仕込みをしている。

「12時なのにまだ開店してないのか。これカレー屋かな…」

店主が扉を開けてくれた。

「まだ仕込み終わってないんですけど、どうぞ」

店内は極めて狭小で、カウンター5席のみ。業務用のギャバンのスパイス各種が無造作に山積み、大きなアルミの調理鍋、ウォーマーなど。10分ほどすると開店。

「本日は辛口チキンカレーとバジルチキンです。単品か相がけもできます」

「それじゃハーフ&ハーフでお願いします」

注文をし終わると次々に客が押し寄せる。仕事ぶりは丁寧だ。

「ご飯このくらいでいいですか?」

と見せられたご飯の量、丼3杯弱ほどのボリュームに驚き、

「その半分ぐらいでいいです」

「パクチー、ニンニク入れますか?」

「えっ! あっ、はい入れてください」

なんだ! ニンニク入れますかって、「ラーメン二郎」かよ。でも興味津々。

で登場したのがご覧のもの。

dsc06067

「バジルチキン」はカレーではなく、鶏とバジル、筍などをナンプラーで味付けしたタイ料理だった。

img_1789

「辛口チキンカレー」は洋食カレーの風情で鶏、人参、じゃがいも、カレーはドロドロと粘性があるが、これ小麦後じゃなくて、ジャガイモの澱粉などで、自然についたものかもね。その両方に生ニンニクの微塵切りがデコレートされている。

img_1781

img_1779

カレーをまずのままいただくとコクがありながら軽やかな口当たりで、様々なスパイスが配合されているようだけど、どれも突出せずバランス良し、非常に旨い。バジルチキンはナンプラーがちょい強めに効いているのでやや塩辛いが、これも実に美味だ。次に、ニンニクと共にカレーを一口。生のニンニクと一緒にカレーを食べた経験はいままでなかったけど、これ意外に合うね~、驚きだ。

ご飯を半分にしてもらったけど、それでもかなりの量で超満腹。

「美味しかったです、また来ますね」

「ありがとうございます」

非常に感じのいい店主。帰りの道すがら、口の中がタンドリーチキンに変化していた。面白いね~、チキンカレーに生ニンニク入れるとタンドリーチキンになることを発見して、なんだか嬉しくなってしまった。

〈店舗データ〉

【住所】練馬区上石神井1-13-7 電話なし

【営業】ツイッターで告知「http://twitter.com/analog_official」昼やっているとすれば12時過ぎぐらいから14時ぐらいまで。夜やっているとしたら19時ぐらいから22時ぐらいまで。いずれにしてもまちまち。

【休日】ツイッターで告知

【アクセス】西武新宿線「上石神井駅」南口から徒歩2分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA