目黒「かつ壱」旨いトンカツと美味しいカレーの合体。


tp

目黒でとんかつ屋と言ったら「とんき」、「大宝」、「かつ壱」かな。特に異彩を放つのは「とんき」のクリスピーな衣、肉からちょい剥がれたりするけど、あの食感が恋しくなる時がある。

3店ともそれぞれ特徴があって、カツカレーなら間違いなく「かつ壱」。しばらくぶりに訪れると相変わらずの行列。店内はL字のカウンター8席に4人テーブル2卓、相席は当たり前だ。

名物「カツカレー」950円をオーダー。8分ほどで登場。

別盛りのタップリのキャベツに肉厚のカツは食べやすい大きさに一口大にカットされていて、ありがたい。衣はややクリスピーで、噛みしめると赤身の旨味、脂身のコントラストすばらしい。

カレーはサラサラに近いトロトロ加減で、ほどよくスパイシーで仄かにフルーティー。そして微かなニンニクの風味が実に心地よい。

これをカツと一緒にいただくと、なんとも旨い。かなりのボリュームでお腹いっぱいになる。

〈店舗データ〉

【住所】東京都品川区上大崎2255久米ビル地下1階 電話0337793388

【営業】11時~14時 17時~21時30分

【休日】日・祝

【アクセス】JR山手線{目黒駅}西口から徒歩1分

 


「目黒「かつ壱」旨いトンカツと美味しいカレーの合体。」への2件のフィードバック

  1. 小野さんいつもブログ拝見させて頂いております
    かつ壱で働いていた方が大塚でとんかつ逸業という
    お店を開いております。美味しいのでお近くに寄った際はぜひ寄ってみてください

    1. いつもご覧いただいてありがとうございます。大塚はしょっちゅう行ってるんですが、全く知りませんでした。近々訪ねてみますね。

まっつん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください