千川「博雅」懐かしの中華屋を数十年ぶりに訪問。


ずいぶん昔に大山寄りの千川界隈に住んでいたことがあった。店名はほぼ覚えてないけど、色々な飲食店にお邪魔したが生き残っている店は限られている。中華「博雅」もその一つ。この日は椎名町に野暮用があり、プラプラと千川までたどり着く。「博雅」訪れるのは何十年ぶりだろうか、味の記憶すらないのだ。

代替わりしているような気がするな。店内は7人テーブルが3卓、こんな感じだったかな。後ろの席でご婦人がたが食べていたカレーライスが妙に美味しそうだったけど、この日の気分は麺類だった。

「タンメンと焼売ください」

60前後の旦那さんと奥さん? もう一人お姉さん3人で切り盛り。

「はいお待ちどうさまです」

スッキリとした見た目の美しいタンメン。まずはスープ。

「あれ? メチャ塩気が薄い…」

野菜たっぷりでシャキシャキ。中細の黄身がかった縮れ麺はほどよく滑らかで美味しい。ただ味付けどうしたのかな、スープ自体は旨いのだが、塩の分量が明らかに足りない。仕方なく醤油をドバドバと注ぎタンメンを食らう。

焼売はシットリとして滑らかで美味しい。

この焼売がしっかりしているのでタンメンはなにか間違いを犯したのだろうと思われる。次回はいつになるかわからないけど、ラーメンとカレーライスをオーダーしてみるかな。

〈店舗データ〉

【住所】東京都豊島区要町3-13-15 電話03-3957-4998

【営業】11時~15時 17時~21時

【休日】金

【アクセス】東京メトロ有楽町線・副都心線「千川駅」1・2番出口から徒歩2分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください