16年前の『週間SPA』で文芸評論家がボクの記事を語っていた。


仕事場で資料を整理してたら、16年前の『週間SPA』にボクが当時『週刊朝日』のグラビアで連載していた「魂のラーメン」について語る、文芸評論家の坪内祐三氏と福田和也氏の対談が目に留まった。

「東京近郊の有名でもなんでもない微妙な店を取材しているのが面白い」と評す。まさにその通りでそれが狙いだった。ラーメン専門店はあまり扱わず、スバリ微妙な店ばかりを取材していた。当時、文芸評論家の方々も目を通してくれていることに驚き「ボクの取材の意図を解ってくれてるんだな…」と安堵したのを思い出す。


「16年前の『週間SPA』で文芸評論家がボクの記事を語っていた。」への2件のフィードバック

  1. この記事、連載されたときのことを強く覚えています。

    この頃は、週刊スパの福田氏と坪内氏の対談と週刊朝日の小野さんの記事を毎週楽しみにしていました。

    福田氏の感想は、週刊誌で連載を抱えている人ならではのものですね。

    1. 田野様
      いつもご覧いただいてありがとうございます。この記事は嬉しかったですよ。それと本日「べんてん」アップしましたのでご覧ください。

田野 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください