タグ別アーカイブ: ラーメン

池袋「福義」鯛焼き屋の素朴な素朴なラーメン。たまにはこんなラーメンもアリだね。

池袋東口「ヤマダ電機LABI1総本店」(旧三越百貨店)の裏手に、ひっそりと佇む鯛焼き屋「福義」。ボクが物心ついた頃からある店で、思い出したように入る店。

続きを読む 池袋「福義」鯛焼き屋の素朴な素朴なラーメン。たまにはこんなラーメンもアリだね。

表参道「だるま」具材別盛りスタイルの和風ラーメン、美味しいね。

歌舞伎町にある「でんぱち」という居酒屋の先代の主人から聞いた話だけど、この「だるま」昔は新宿で店をやっていたなんて言っていた記憶がある。間違ってたらゴメン。

この店も古く、30年近くになるんじゃないかな。仕事で青山あたりに来て、小洒落た店に入りたくない時に、訪れるラーメン屋だ。

続きを読む 表参道「だるま」具材別盛りスタイルの和風ラーメン、美味しいね。

荻窪「丸長中華そば店」酸味の効いたサッパリつけ麺の元祖。

「丸長」系は、いわゆる「大勝軒」も含めて色々枝分かれしているけど、とび抜けて美味しかったのは中野の「栄楽」だと思う。酸味、甘味、旨味のバランスが優れていた。でもずいぶん前に閉店してしまった。「丸長」と名の付く店はボクの知っている限りでは新井薬師、桜台、目白、上福岡(閉店)にあり、人気があるのは目白店だね。「大勝軒」に比べると「丸長」はどこも酸味が強く、アッサリとした味わいで、若干物足りなさを感じるけど、ふとした時に無性に恋しくなるつけ麺だな。

続きを読む 荻窪「丸長中華そば店」酸味の効いたサッパリつけ麺の元祖。

浅草「富士ラーメン」独特な風味の軽やかなトンコツラーメン。

浅草の国際通りを歩いていて、たまたま入った店。店先には小麦粉25kgの大袋が置かれていて、どうやら自家製麺のようだ。入って右手に券売機、その左手に変形のコの字型のカウンター11席となっている。

続きを読む 浅草「富士ラーメン」独特な風味の軽やかなトンコツラーメン。

東中野「大盛軒」東中野名物「鉄板麺」、ちょいジャンクな絵姿だけど、これがクセになる。

およそ30年前、中野の出版社に就職し、同社が数年後に東中野に移転した。その頃よくお世話になったのがこの「大盛軒」だ。テレビの情報番組でもよく登場する店で、東中野の住人で、この店を知らなきゃモグリといわれるほど有名店だ。

続きを読む 東中野「大盛軒」東中野名物「鉄板麺」、ちょいジャンクな絵姿だけど、これがクセになる。

鷺ノ宮「すぎ本」淡麗風情のラーメンだけど、けっこう力強い味わい。

西武新宿線「鷺ノ宮駅」前は、阿佐ヶ谷から中村橋に抜ける「中杉通り」が貫いていて、クルマでちょくちょく走る通り。たまに「カレーやうえの」、とんかつ「やみこや」などに寄る。この日は前から気になっていた「すぎ本」にお邪魔した。

続きを読む 鷺ノ宮「すぎ本」淡麗風情のラーメンだけど、けっこう力強い味わい。

与野本町「らーめん竜美」ショウガ風味の効いた長岡ラーメン、旨し!

京浜東北線の「与野駅」は知っているけど、埼京線の「与野本町」は未経験の駅。ここに初めて降り立ち、しばらく徘徊したけど、正直目に留まるものが少ない。気になった店が駅並びの「ビーンズ」というモールの中にある「麺奏ハモニカ」と、ちょっとはずれにある高架下の「らーめん竜美」。

続きを読む 与野本町「らーめん竜美」ショウガ風味の効いた長岡ラーメン、旨し!

上板橋「宮本太郎」札幌「福来軒」をホウフツとさせる美味しい味噌ラーメン。

この味噌ラーメン屋の記事はちょい昔のもの。

東武東上線「上板橋駅」北口側に、仕事のオペレーションが悪いイタ飯屋があった。ここの店主、自分の仕事のヘマを棚に上げて共に働く母親に当り散らすマザコンだったが、不思議に味はしっかりしていたので、気になって仕方なく、半年に一回ほど様子見で訪れていたけど、とうとう閉店してしまった、2013年のことだ。
その後、この跡地に「宮本太郎」という味噌ラーメン専門店が、2013年の11月頃にオープンした。

続きを読む 上板橋「宮本太郎」札幌「福来軒」をホウフツとさせる美味しい味噌ラーメン。

落合「究極のにぼし味噌らーめん人間バンザイ」2月13日オープン、究極の煮干し味噌ラーメンをいただいた。

「北海道ラーメンを継承した店主が、10年の歳月をかけてたどり着いた旨み」。すごい気合のこもった立て看板だ、それも「人間バンザイ」とはこれまた大仰な店名に、工事中からずつと気になっていた。

続きを読む 落合「究極のにぼし味噌らーめん人間バンザイ」2月13日オープン、究極の煮干し味噌ラーメンをいただいた。

分倍河原「ふくみみ」極細麺の潔い醤油味の中華そば、ジンワリ旨し!

この店、初めて訪れる人には極めて複雑な道のりだ、だから説明する。「分倍河原駅」改札を背にして左手の商店街をひたすら真っ直ぐ。T字路にぶつかったら左折、そして踏切の手前を右折して線路脇を真っ直ぐ。次の踏切を渡り、すぐに右折。そのまま直進すると「甲州街道」(国道20号線)にぶつかり、歩道橋を渡ってちょい直進し右折すると20m左手に現れる。たぶんこれが一番近いのでは?

続きを読む 分倍河原「ふくみみ」極細麺の潔い醤油味の中華そば、ジンワリ旨し!

池袋「鬼金棒」クセになる旨辛のシビレる味噌ラーメン

ちょっと刺激のあるラーメンは、体が萎えている時に無性に恋しくなるものだ。

代表的な店は「二郎」、「蒙古タンメン中本」、「天下一品」、「ホープ軒」、「平大周」、「弁慶」。中華麺だと「楊」、「栄児」などかな。池袋「サンシャイン通り」、「東急ハンズ」の裏手にそんなクセになる神田に本店のある行列の店「鬼金棒」(キカンボウ)がある。

続きを読む 池袋「鬼金棒」クセになる旨辛のシビレる味噌ラーメン

自由が丘「ふく山」外観の内観のギャップのある美味しいラーメン。お兄さんの手早い仕事ぶりに感心。

自由が丘駅横の大井町線の踏み切りそばに、ラーメン専門店「ふく山」がある。店内はL字のカウンター11、2席かな。ラーメンは「醤油そば」、「特製醤油そば」、「塩そば」、「特製醤油そば」、「味噌そば」、「特製味噌そば」、「熟成白湯そば」、「つけ麺」となっている。

続きを読む 自由が丘「ふく山」外観の内観のギャップのある美味しいラーメン。お兄さんの手早い仕事ぶりに感心。

光が丘「めんくい」背脂の心地よい濃厚ながら軽やかなラーメン

東武東上線「ときわ台駅」、「中板橋駅」を横切る環七沿いにかつて「土佐っ子」(下頭橋)があった。高校生の頃よく通った店で、初めて訪れたとき、寸胴から鶏の足が突き出た光景に一瞬たじろいだけど、背脂のタップリ浮かぶ濃厚な味わいに病みつきにさせられ、部活の帰りに必ず寄ったものだった。ここは「背脂チャッチャ系」ラーメンと称され、その大本は「千駄ヶ谷ホープ軒」。そこから巣立ったのが「土佐っ子」、「香月」、「弁慶」、さらに「千石自慢」などだ。

続きを読む 光が丘「めんくい」背脂の心地よい濃厚ながら軽やかなラーメン

新宿「光来」ビックリのコスパ、メチャ旨のラーメンと鶏カレー丼(キーマカレー)

新宿西口、小滝橋通りから左手の横丁、「柏木公園」の隣に味わいコスパ最高のラーメン屋「光来」がある。ここは、生麺や点心などの中華料理を製造販売する「フジキン光来」の直営店らしい。昼時はいつも行列の人気店で、ラーメンはもとより焼売、餃子などなにをいただいてもハズレなし。

続きを読む 新宿「光来」ビックリのコスパ、メチャ旨のラーメンと鶏カレー丼(キーマカレー)

飯田橋「おけ以」限りなく優しい絶品のタンメン&餃子

dsc08152

「あ~、ちょっと気持ち悪いな~。今日はヤッパおけ以だな…」

ここのタンメンが食いたくなる時は、ほぼ二日酔いの時だ。

昼時は大混雑、しばらくしてカウンターに通される。注文はもちろん「タンメン」680円、そして必至のコンビ「餃子」600円だ。

続きを読む 飯田橋「おけ以」限りなく優しい絶品のタンメン&餃子

落合「じゃかじゃか」地元民に愛される美味しいラーメン。

dsc07882

この店は大昔、開店と同時にお伺いしただけだった。その時の印象は極めて希薄で、なんかパンチたりないな…と記憶している。最近、店の前を通ったので、

「これだけ長く店やってるんだから、それなりに評価されてるんだろうな…、もう一度挑戦してみるか」

続きを読む 落合「じゃかじゃか」地元民に愛される美味しいラーメン。

大泉学園「タンメン本舗ミヤビ」調味料や食材を複雑に組み合わせた傑作のタンメン。「インドタンメン」、「辛タンメン」メチャ旨! 野菜増し無料もありがたい。

dsc05753

東京でタンメンの名店と謳われている店は、飯田橋「おけ似」、東中野「十番」、木場「来来軒」、白金高輪「大宝」、西荻窪「はつね」など。新参者では錦糸町「タンメンしゃきしゃき」、「トナリ」などがある。西荻窪「はつね」にはないけど、いずれも「タンギョー」と称される餃子とのコンビが王道だ。

続きを読む 大泉学園「タンメン本舗ミヤビ」調味料や食材を複雑に組み合わせた傑作のタンメン。「インドタンメン」、「辛タンメン」メチャ旨! 野菜増し無料もありがたい。

北浦和「娘々」浦和っ子のソウルフード、スタミナラーメン&餃子

dsc07419

JR京浜東北線、北浦和東口駅前の横丁に行列の絶えない中華料理屋がある。お世辞にも綺麗な店とは言えないが、老若男女問わず、学生、サラリーマン、家族連れで賑わい、昼夜活気にみちあふれている。

続きを読む 北浦和「娘々」浦和っ子のソウルフード、スタミナラーメン&餃子

門前仲町「おはる」宮本輝の『泥の河』をホウフツとさせる渋いラーメン屋、五目そば旨し!

dsc07203

終戦まもない大阪のある川を舞台に、うどん屋を営む家族と、対岸の川で客を引く屋形船の家族との陰影を描いた、宮本輝の『泥の河』をご存知だろうか?

門前仲町から永代橋の手前、仙台堀川と大横川を結ぶ、名もない運河のたもとに「おはる」というラーメン屋を見かけたとき、『泥の河』の主人公の少年二人が、今にもその「おはる」から飛び出してくるような錯覚に陥ってしまった。そんな佇まいのラーメン屋なのだ。

続きを読む 門前仲町「おはる」宮本輝の『泥の河』をホウフツとさせる渋いラーメン屋、五目そば旨し!

十条「流。」いい塩梅に煮干の風味香る美味しいラーメン

dsc06738

十条駅の南口から線路脇を赤羽方向に歩いていたら突然現れた看板「流。」

「あれ、新しいラーメン屋だな

打ち合わせまで30分ほど余裕があったので、店に突入。入って左手にすぐ券売機。

続きを読む 十条「流。」いい塩梅に煮干の風味香る美味しいラーメン

金町「しゅうまい屋」確かな技が光る焼売・ラーメン・一品料理

dsc06246

「この焼売、なんか食感が他の店のものと違いますね」

「わかる? これ挽き肉じゃなくて、肉の塊を包丁で叩いてるのよ、それと普通は肉以外の具は玉ねぎなんだけど、それじゃみんな同じ味になちゃうから、うちはネギを使ってるんだよね」

続きを読む 金町「しゅうまい屋」確かな技が光る焼売・ラーメン・一品料理

熊谷「永楽」地元の超人気店。賑やかで華やかな中華料理屋でいただくお酒とラーメンは最高!

dsc06755

「この店名、なんか記憶あるな」

「大井町の永楽と同じですよ」

「だよな。しかしこの店構えカッコイイよな」

店内を覗くとえらい賑わっている。ホルモン焼き「水よし」の帰りでけっこう腹一杯だったけど、ボンボン社長と奥さんの3人で突入した。

続きを読む 熊谷「永楽」地元の超人気店。賑やかで華やかな中華料理屋でいただくお酒とラーメンは最高!

神田「白蘭」超ジャンクなラーメンだけど、体が弱っているときにこれ食うと、ホント元気になるんだよね。

dsc06698

神田界隈の裏道、袋小路の一角に煮しまったようなボロボロの中華料理屋「白蘭」がある。この店を知って20数年ぐらいかな。1階にテーブル席はあるが、混雑しない限り2階へ通される。階段を上がっていくと、

「坦々麺でいいですか」

とオバちゃんの一声。

「はい。お願いします」

続きを読む 神田「白蘭」超ジャンクなラーメンだけど、体が弱っているときにこれ食うと、ホント元気になるんだよね。

大塚「北大塚ラーメン」モンゴル出身のご夫婦が2人3脚でこしらえる、凄ウマ、病みつきのチャーシュー麺。コレを食わずにゃあの世へ行けない!

dsc06629

この店を初めて訪れたとき、オヤジさんの言葉がなんだかナマっているので、

「どこ出身なんだろう?」って、ボソっと呟いたら、隣のサラリーマンが、

「この人たちモンゴル出身なのよ」

img_2607

なるほどって思った。中国や韓国特有のイントネーションとは別物で、顔を見るとまるで日本人だし、どこかの地方の激しいナマリだと勘違いしていた。

久しぶりに訪れると、相変わらずの行列だ。店の前に立っているとチャーシューの香ばしい匂いに食欲がそそられる。

続きを読む 大塚「北大塚ラーメン」モンゴル出身のご夫婦が2人3脚でこしらえる、凄ウマ、病みつきのチャーシュー麺。コレを食わずにゃあの世へ行けない!

白河「とら食堂」あの味の感動は何処へ! たまたまこの日だけに限ってスープの仕上がりがイマイチだったのか?

dsc06164

山形の旅を終えて某ラーメン屋の店主と店長の3人で福島県白河へ。

「ここ来るの何年ぶりかな?」

「オレも久しぶりっスね」

「白河なんて初めてですよ」

「とにかく旨いから、楽しみだな」

美しい田園に囲まれた「とら食堂」に到着すると開店前から相変わらずの行列。

続きを読む 白河「とら食堂」あの味の感動は何処へ! たまたまこの日だけに限ってスープの仕上がりがイマイチだったのか?

成増「べんてん」やっと行ってきました。そして行列の並び方

dsc06372

やっと時間ができたので、開店3日目の水曜日「べんてん」に行くことができた。到着時間は11時20分。20人ほどの行列で、どこに並んでいいのか一瞬戸惑った。

続きを読む 成増「べんてん」やっと行ってきました。そして行列の並び方

成増「べんてん」本日9月17日プレオープン。明日9月18日がホンチャンオープンだ!

img_2285

本日9月17日、近しい友人だけを集めての「べんてん」プレオープンの日だった。だけど僕は仕事があり参加できず。そこで友人のTV映像などを手がける千先岳、通称、千ちゃんに頼んで写真を撮ってもらった。

続きを読む 成増「べんてん」本日9月17日プレオープン。明日9月18日がホンチャンオープンだ!

上板橋「魂の中華そば」進化し続ける渾身のラーメン。自家製麺開始!

dsc06313

昨年の12月末にオープンした「魂の中華そば」は、進化し続けている。開店当初は製麺屋の麺を使い、バラの焼豚、極細の板メンマ、スープは時間短縮を図り、圧力釜を使用していた。これで充分に美味しかったけど、今回訪れたらさらに美味しくなっていた。

続きを読む 上板橋「魂の中華そば」進化し続ける渾身のラーメン。自家製麺開始!