タグ別アーカイブ: カレー

新橋「ガネー舎」ボリュームの具材で満足満腹、たまにはスープカレーもいいね。

スープカレーに出合ったのは20数年前になるか、札幌の「木多郎」、「スリランカ狂我国」、「アジャンタ」、「マジックスパイス」などの店で洗礼を受けた。当時は30数件ほどしかなかったけど、現在150店舗は超えているのかな。東京にブームが来たのはボクが「横濱カレーミュージアム」で名誉館長をしていた頃、札幌の「マジックスパイス」に出店してもらったが始まりだと思う。

続きを読む 新橋「ガネー舎」ボリュームの具材で満足満腹、たまにはスープカレーもいいね。

練馬「ケララバワン」穏やかなスパイス感の南インドカレー。

今でこそ南インドカレーはポピュラーになったけど、10年ほど前はその店舗は数少なかった。南インドカレーで一番の老舗と言ったら市ヶ谷の「アジャンタ」。その数十年後、閉店したけど南砂町の「デリーダルバール」にちょい衝撃を受けた。2003年頃に銀座の「ダルマサーガラ」、京橋「ダバインディア」などが相次いでオープンし、南インドカレーのブームが巻き起こる。ここ「ケララバワン」も2004年にオープンしている。

続きを読む 練馬「ケララバワン」穏やかなスパイス感の南インドカレー。

高田馬場「ブラザー」進化し続ける美味しいカレー。もはや夢民の再来か、って感じ。

下落合から高田馬場に移転してきておよそ半年。「鯖キーマ」や季節の「牡蠣カレー」など新メニューも加わり、すっかり地元の人気店になってなによりだ。

続きを読む 高田馬場「ブラザー」進化し続ける美味しいカレー。もはや夢民の再来か、って感じ。

堀切菖蒲園「スパイス喫茶コーヒーロー」穏やかな味わいの南インド風カレー、実に旨し。

堀切はちょい馴染みの町だ。初めてこの地に降り立ったのは「弁慶」という背脂系のラーメンを食べに来たのが始まり、30年ぐらい前かな。

久しぶりに来たらカレー専門店「アルー」の暖簾が黄色に変わっている、前からだったかな…。

それと「哈爾濱餃子」が休業中、オジちゃんかオバちゃんの具合でも悪いのかな。居酒屋だと焼きトンの「のんき」はたまに行く、この近所にあった居酒屋の名店「水トク」は、ご主人が他界して閉店したんだけど、店の前までいったら看板が下ろされていた。

「先週まで看板あったんだけどね」

と自転車で通りかかったオバちゃん。

「そうなんですか」

どうやら人が住めるように改装しているようだった。

ある日、この近所に住む友人から、

「光陽楼って中華屋がさ、カレー屋に変わったんだよ、一応小野に伝えておこうと思って」

と去年の話。で最近訪れることが出来た。

続きを読む 堀切菖蒲園「スパイス喫茶コーヒーロー」穏やかな味わいの南インド風カレー、実に旨し。

御徒町「クローバー」カルダモンの仄かに香るスープ状の軽やかなカレー、これ旨し。体が徐々に癒されていくような味わい。

ある日、飲み友の塚ちゃんとラブちゃんに誘われて、御徒町にある中国東北地方の鍋が楽しめる「味坊鉄鍋」へ訪れた。一通り食べ終わり表に出るとこの店の真隣の2階に「オリーブ」というカレー専門店が目に留まった。

続きを読む 御徒町「クローバー」カルダモンの仄かに香るスープ状の軽やかなカレー、これ旨し。体が徐々に癒されていくような味わい。

幡ヶ谷「スパイス」地元に愛されるスパイシーで穏やかに旨い、洋食スタイルのカレーライス。

幡ヶ谷にはランチを食べに来るだけで、この辺りで飲んだことがない。カレー屋だと「カリヒオ」、「青い鳥」。ラーメン屋だと「金色不如帰」、「福丸」、「弥彦」といった店にお邪魔している。そんな店の一つが「スパイス」だ。ここを訪れるのは何年ぶりだろう。

続きを読む 幡ヶ谷「スパイス」地元に愛されるスパイシーで穏やかに旨い、洋食スタイルのカレーライス。

伊勢佐木長者町「カレーハウスキッチンY」深い旨味とコク、ほどよくスパイシーな洋食カレー、昔と変わらず抜群の美味しさ。

この店に出合ったのは、関内「伊勢佐木モール」に「横濱カレーミュージアム」が開館してボクが名誉館長に就任した頃だった。ミュージアムの裏手に発見し、その美味しさに魅了された。

続きを読む 伊勢佐木長者町「カレーハウスキッチンY」深い旨味とコク、ほどよくスパイシーな洋食カレー、昔と変わらず抜群の美味しさ。

御茶ノ水「カレー屋ジョニー」適度に洗練された美味しいスタンドカレー。

神田明神への初詣は20数年になる。11時頃、表通りに規制線が張られ、長蛇の列。待っていられないので、裏道から参道脇を抜けてお参り。帰りにおみくじを引いたら大吉。

「良かった~」

参道の脇にある「三河屋」で甘酒を購入、これで体を温めて1年が始まる。仕事が残っているので御茶ノ水駅近辺へ戻る。

「なにか気の効いた店はないかな…あれ、カレー屋ジョニーやってるんだ、入ってみるか」

続きを読む 御茶ノ水「カレー屋ジョニー」適度に洗練された美味しいスタンドカレー。

阿佐ヶ谷「對山館」小綺麗なギャラリー喫茶のシンプルカレー。

阿佐ヶ谷駅南口からJRの高架沿いを高円寺方面へ。左手に瀟洒な喫茶店「對山館」が現れる。打ち合わせの前に腹ごなし、って感じで、観葉植物に隠れるようにカレーライスの小さな暖簾があったので突入した。

続きを読む 阿佐ヶ谷「對山館」小綺麗なギャラリー喫茶のシンプルカレー。

神保町「パンチマハル」神保町屈指のスパイスカレー。メチャ旨だよ!

このカレー屋もすでに神保町では古株になった。店には全く関係ないけど、ワケあって「パンチマハル」とは疎遠になっていた。ちょいほとぼりが冷めたので、6年ぶりに店を訪れることができた。

続きを読む 神保町「パンチマハル」神保町屈指のスパイスカレー。メチャ旨だよ!

原宿「ブリティッシュインディアンカフェ1930」裏原宿にある小洒落たインドカレーとアフタヌーンティーが楽しめるカフェ。

渋谷、明治通り沿いにある洋服の直し屋で、パンツの丈詰めをオーダーして界隈をプラプラ。表参道を渡って、裏原宿を徘徊、千駄ヶ谷へ抜ける静かな路地裏、欧米人やアジア人の観光客が目立つ。

続きを読む 原宿「ブリティッシュインディアンカフェ1930」裏原宿にある小洒落たインドカレーとアフタヌーンティーが楽しめるカフェ。

高田馬場「キッチンニュー早苗」地元民に大人気のメチャ美味しい洋食屋。

ここは20年ほど通っている洋食屋で、高田馬場で一番人気の店といってもいいだろう。店内はカウンター7席に4人がけテーブルが3卓、働き者のご夫婦で切り盛りされ、とにかく大忙しで昼時はいつも満員御礼だ。

続きを読む 高田馬場「キッチンニュー早苗」地元民に大人気のメチャ美味しい洋食屋。

祖師ヶ谷大蔵「とろとろカレーmasa」丁寧にこしらえた穏やかなスパイス感のカレーライス。

千歳船橋に降りるつもりだったけど、一つ先の祖師ヶ谷大蔵に下車してしまった。

「まったくボケてるな~、まっいいか…」

小田急線は学生の頃過ごした沿線だけど、祖師ヶ谷大蔵はあまり縁がない。とは言っても神保町の「キッチン南海」系の「キッチングリーン」や「カレーの南海」の両店は知っている、どちらも文句なしに美味しい。その他「キッチンマカベ」もいいよね。何も店がなかったら千歳船橋に戻るつもりで、とりあえず新しい店を見つけようと界隈を徘徊。「まるよし横丁」「阿部食堂」を発見、メニューの筆頭を飾っているのが「肉じゃが定食」。

「肉じゃが? う~んこの店気になる」

その近所に中華「欣喜」、中をのぞくと満杯。迷うな~。

果たして「とろとろカレーmasa」を発見。よしここに決めた。

続きを読む 祖師ヶ谷大蔵「とろとろカレーmasa」丁寧にこしらえた穏やかなスパイス感のカレーライス。

五反田「カレーの店うどん」何気なく手の込んだ絶品のスパイスカレー。毎日食べても飽きないね。

カレー屋なのに「うどん」って、この風変わりな店名の由来はまったく知らない。ただここのカレーは抜群に旨いんだな。

続きを読む 五反田「カレーの店うどん」何気なく手の込んだ絶品のスパイスカレー。毎日食べても飽きないね。

ときわ台「香雅」地元民しか知らない、抜群に旨い昔ながらの醤油ラーメン。背脂トッピング無料だ。

昔々、常盤台駅南口を降りた向かいのビルの3階に、音楽の貸スタジオがあった。20代の頃バンドをやっていて、ここをよく利用していた。その練習終わりに中華屋の「長栄飯店」、「華月園」などに寄って腹ごなしをしたものだった。その中にこの「香雅」もあった。

続きを読む ときわ台「香雅」地元民しか知らない、抜群に旨い昔ながらの醤油ラーメン。背脂トッピング無料だ。

原宿「ヨゴロウ(YOGORO)」凄旨のスパイスカレーに脱帽。病みつきの美味しさだよ。

この辺りはちょっとした離れ小島かな。駅からのアクセスで言うと千駄ヶ谷、国立競技場、北参道、原宿なんだけど、いずれも徒歩10分ほどかかる。でも散策するんだったら、原宿から竹下通りを抜けて、明治通りを渡った左手の横丁、原宿通りからのほうが面白い。アナーキーでポップなショップが立ち並んでいるので楽しいと思う。

続きを読む 原宿「ヨゴロウ(YOGORO)」凄旨のスパイスカレーに脱帽。病みつきの美味しさだよ。

千石「グランドルート66(GrandRoute66)」バランスのいいややスパイシーなカレー。穏やかに美味しいね。

前々からこの店の存在は気になっていたが、ついつい近所の「グリルK」や「千石自慢ラーメン」、「らーめんPit」にお邪魔することが多く、やっと訪ねることが出来た。

続きを読む 千石「グランドルート66(GrandRoute66)」バランスのいいややスパイシーなカレー。穏やかに美味しいね。

早稲田「ダルシムカリー」久しぶりにクセになる味わいのインドカレーに出合った。コスパも申し分なし、特に野菜カレーはピカイチ。今は亡き「夢民」の味わいにどこか似ている。

「小野ちゃん、早稲田の新目白通りからグランド坂上に行く途中に新しいカレー屋ができたんだけど知ってる?」

早稲田弦巻町に住む友人からの情報だった。もう去年の話。

続きを読む 早稲田「ダルシムカリー」久しぶりにクセになる味わいのインドカレーに出合った。コスパも申し分なし、特に野菜カレーはピカイチ。今は亡き「夢民」の味わいにどこか似ている。

吉川美南「インディー」美しいデコレーションのドライカレー、インディーカレー。どれも美味しいね。

カレー屋「インディー」を知ったのは10年ほど前かな。この近所に、古いPCや電化製品を無料で引き取ってもらえる「パソコンファーム」があり、よく利用していた。ついでに三郷にある「IKEA」で買い物。そんな時この店を発見した。

「一度電車で行ってみるか…」

4年ぶりになるかな。武蔵野線「吉川美南」って、誰かの名前のような駅名。西口に降り立つと何もない。

続きを読む 吉川美南「インディー」美しいデコレーションのドライカレー、インディーカレー。どれも美味しいね。

水道橋「桃の実」丁寧に仕上げられたインド風のチキンカレー、秀逸の美味しさ。

2017年1月にオープンしたカレー専門店「桃の実」。その存在を知りながら、なかなか行く機会がなく、最近やっと訪れた。

続きを読む 水道橋「桃の実」丁寧に仕上げられたインド風のチキンカレー、秀逸の美味しさ。

新宿「カレーハウス11イマサ」の背脂カレー、美味しいね。

「小野さん、最近背脂カレーっていうのが流行ってるらしいですよ」

「初めて聞いたよ、それってどうなのよ」

「旨いらしいですよ、新宿の『11イマサ』にあるらしいっス」

飲み友の松ちゃんからのメールだった。

続きを読む 新宿「カレーハウス11イマサ」の背脂カレー、美味しいね。

向ヶ丘遊園「インドール」数十年ぶりに食らう洗練された凄旨のインド風カレーライス。

「インドールって覚えてるかな」

「ああ、あったなそんなカレー屋さん、いまどうしてるんだろう」

「あると思うよ」

小田急線沿線は学生の頃過ごしていた。下北沢、経堂、向ヶ丘遊園、新百合ケ丘、相模大野、町田、本厚木、江ノ島線の六会辺りを行ったり来たり。

そんな頃、飲み仲間に明治と専修大学の学生の友人がいた。ちょっと前に10数年ぶりに彼らと再会、昔話に花が咲いた。

専大の友人Tのアパートが向ヶ丘遊園駅にあって、寝泊まりさせてもらっていた頃「インドール」でよく昼飯を食べていたのだ。美味しかったのは覚えているが、どんな味だったか? 記憶の片隅に追いやられていた。

続きを読む 向ヶ丘遊園「インドール」数十年ぶりに食らう洗練された凄旨のインド風カレーライス。

江戸川橋「キッチンヨッチ」キッチン南海系のカレーだけど、ちょい甘口、万人受けする美味しいカレーライス。

サラリーマン時代、取引先や同僚とこの店をよく利用していた。元々は高田馬場、明治通り沿いにあった「キッチンニュー南海」が移転してきてこの店名になったみたいだけど、その店の記憶はない。

続きを読む 江戸川橋「キッチンヨッチ」キッチン南海系のカレーだけど、ちょい甘口、万人受けする美味しいカレーライス。

志村三丁目「栄楽」中華屋なのにトンカツの美味しさにもビックリ。サックサクで脂身がジューシー。

町外れにひっそりと佇む「栄楽」。前回、ラーメン各種、炒め物、餃子、どれもスキのない美味しさだと、前にこのブログ紹介した。そこにメールを寄せてくれた方から、

「カツライスも秀逸」

とのお知らせがあった。

「へ~、知らなかった」

よっぽどのことがない限り、多くの人は、中華料理屋でトンカツは注文しないもの。

いつものように、近所のディスカウントショップ「オリンピック」に寄った帰りにまた訪れた。

続きを読む 志村三丁目「栄楽」中華屋なのにトンカツの美味しさにもビックリ。サックサクで脂身がジューシー。

高田馬場「プネウマカレー」2017年7月オープンのカレー専門店。

高田馬場にカレー専門店が突如出現。早稲田通りの横丁を入ったすぐにある奇妙なネーミングの「プネウマカレー」。店内はL字のカウンター5席ほどかな、ご主人1人で切り盛り。

続きを読む 高田馬場「プネウマカレー」2017年7月オープンのカレー専門店。

板橋本町「AK Corner」2017年9月9日で閉店してしまう多国籍料理屋。初めて訪れてその事実を知る。もっと早くにこの店を知っていれば…。

「このあいだ大山の『ライモンディ』に行ったら、榎本さんが大好きな板橋本町にある『AK Corner』で、常連さんとパーティーするんですよ、小野さんも来ないかなって言ってましたよ」

と飲み友の塚ちゃんからのメールだった。榎本さんとは「ライモンディ」のラスタなご主人のこと。ところで「AK Corner」ってどんな店だ? 調べたらタイやインドなどの多国籍料理の店のようだ。まったく知らなかった。

続きを読む 板橋本町「AK Corner」2017年9月9日で閉店してしまう多国籍料理屋。初めて訪れてその事実を知る。もっと早くにこの店を知っていれば…。

高田馬場「ブラザー」下落合から移転、2017年8月21日リニューアルオープン。進化し続けるカレー専門店。さらに美味しくなりました。

西武新宿線下落合駅前を通りかかったとき「ブラザー」が閉店していた。

「どうしたんだろう…」

しばらくして、

「馬場の駅前に下落合の『ブラザー』がオープンするみたいですよ」

「ええ、馬場に引っ越してきたんだ」

ある立ち飲み屋の常連、松ちゃんからの情報。

続きを読む 高田馬場「ブラザー」下落合から移転、2017年8月21日リニューアルオープン。進化し続けるカレー専門店。さらに美味しくなりました。

北習志野「MOTO CURRY」2017年3月オープンのカレー専門店。褐色極辛の「ミルチカレー」メチャ旨。

この日、北習志野駅前の「大勝軒」を目指した。不覚にも休日。

「ありゃ~、こんな遠いところまで来たのに…」

いつも無計画に行動する自分に不甲斐なさを覚えながら、

「しょうがない、街をブラブラするか」

と小1時間ほど辺りを徘徊すると、小綺麗なカフェ風のカレー屋を発見。

「よしよし、塞翁が馬だな、いいね」

続きを読む 北習志野「MOTO CURRY」2017年3月オープンのカレー専門店。褐色極辛の「ミルチカレー」メチャ旨。

神田「栄屋ミルクホール」キリっとエッジの立った美味しい醤油ラーメン。古めかしい店内でいただくと美味しさもさらに相乗する。

御茶ノ水でサラリーマンを過ごしていた時期があった。その頃、たまに訪れていたのが「栄屋ミルクホール」。創業は70有余年。

バブルの余韻の残るまだまだ華やかな最中、奇をてらった創作料理賑やかに、今のラーメンブームの土台となる、創作ラーメンもちらほら出始め、中華屋、食堂の質素な食事がないがしろにされていた頃だったかもしれない。そんな慌ただしい中で、ホっと一息できる店がここだったように記憶している。

続きを読む 神田「栄屋ミルクホール」キリっとエッジの立った美味しい醤油ラーメン。古めかしい店内でいただくと美味しさもさらに相乗する。