タグ別アーカイブ: カレー

日本橋「よもだそば」立ち食い蕎麦のインドカレー。

この界隈で時間がないときに、たまに寄る立ち食い蕎麦屋だ。

昼時は大混雑。入口左手の券売機で食券を買い、奥の厨房に渡す、縦長の店内は客同士すれ違うのが大変で肩がぶつかるのは当たり前。

続きを読む 日本橋「よもだそば」立ち食い蕎麦のインドカレー。

阿佐ヶ谷「スパイス・ラボ」穏やかに美味しい洋食スタイルのカレーライス。

阿佐ヶ谷にある「ブオーノイタリア」というオリーブオイル専門店でバージンオイルを購入して、あてもなく界隈をプラプラ。中杉通を鷺宮方面へ歩いていると「スパイス・ラボ」というカレー専門店を発見。

続きを読む 阿佐ヶ谷「スパイス・ラボ」穏やかに美味しい洋食スタイルのカレーライス。

中野「レインボウスパイスカフェチャイストール」立川のインドカレー専門店の支店がブロードウェイに進出。チャイも楽しめるカフェ。

中野ブロードウェイの地下にインドカレーの新店があると、近所に住む知り合いの舞台女優の友人から連絡があった。サンモールで買い物を済ませると昼飯時。さっそく目的の店へ。店名も分からず、店内のエスカレーターを降りると目の前にそれらしい店。表にはなぜか鉄瓶がデコレート、入口横には店名の入った戦闘機のキャノピー(風防みたいな透明なハッチ)が立てかけてある。

続きを読む 中野「レインボウスパイスカフェチャイストール」立川のインドカレー専門店の支店がブロードウェイに進出。チャイも楽しめるカフェ。

早稲田「AMA」小洒落たカフェ風のネパールカレー屋。

早稲田中・高校のある交差点の角にカレーの「AMA」を通りすがりに発見。

店内は縦長でどこかカフェ風の小洒落た内装。メニューを見ると「ダルバート」(ネパールの定食)のほか、北インドカレーになぜかタイ料理も。

続きを読む 早稲田「AMA」小洒落たカフェ風のネパールカレー屋。

市ヶ谷「カフェド・モモ」牛込柳町から市ケ谷へ移転して、カレー以外に新たなメニュー「カレーうどん」が登場。

都内のカレーマニアの熱狂的支持を集める店の一つ「カフェド・モモ」このブログでたまに登場する中村直也さんが、この店のことを、

「突き抜けた美味しさっていうのは人を選ぶもので、決して万人受けはしないけど、特定の人に対しては大きなインパクトを与えるんだよね、ここのビーフカレーはそんな味わいだね。激辛でオイリー、ゴロゴロホールスパイスが入っていて、人によっては嫌われる三大要素がそろい踏みだけど、旨いんだよね」

と語っていたことを思い出す。

続きを読む 市ヶ谷「カフェド・モモ」牛込柳町から市ケ谷へ移転して、カレー以外に新たなメニュー「カレーうどん」が登場。

入谷「東嶋屋」世界一美味しい蕎麦屋のカレーライス。

昭和通り沿い、三ノ輪駅と入谷駅の中ほどにお蕎麦屋さん「東嶋屋」がある。この店は、昔々、鶯谷に住む友人から、

「小野ちゃんにあのカレーライスの評価聞きたいな」

と勧められた店で、その美味しさの虜にさせられた。

久しぶりに訪れた、1年ぶりになるかな。昼時、オヤジさんは出前で忙しく、娘さんが厨房でせっせと料理を仕込んでいる。

続きを読む 入谷「東嶋屋」世界一美味しい蕎麦屋のカレーライス。

神楽坂「想いの木」洗練された南北融合のインドカレー屋。特にラッサムは独特で旨いね!

早稲田通りと大久保通りが連なる「神楽坂上」交差点の近く、神楽坂駅からなら手前右手、飯田橋駅からだと渡って左手の2階に「想いの木」がある。入口が判りづらいので見落としてしまう。薄暗い店内はシックにしてモダンな内装、奥右手にカウンター3席、テーブル4人席3卓、2人席3卓だったかな。まるでギャルソン思わせる日本人(おそらくご主人)の丁寧接客。

続きを読む 神楽坂「想いの木」洗練された南北融合のインドカレー屋。特にラッサムは独特で旨いね!

赤羽「バーワルチー」界隈ナンバーワンの潔く美味しい、インドのパンジャブカレー。

フローズンホッピーが恋しくて、赤羽にある焼きトンのうまい店「米山」へ向かう途中で見つけたインド料理屋だった。普段インド、ネパール人などが経営するレストランには蝕手が向かず、見つけても通り過ぎるばかり。でもこの店はなにか惹きつけられる重力のようなものがあった。

「一度ランチに訪ねるか

それからずいぶん経ってからやっとお邪魔することができた。

続きを読む 赤羽「バーワルチー」界隈ナンバーワンの潔く美味しい、インドのパンジャブカレー。

高田馬場「チャイカ」ロシア料理屋の美味しいオリジナルカレー、ボルシチ、ピロシキ&つぼ焼き旨し。

高田馬場駅前「ドンキホーテ」のあるビルの2階に、ロシア料理屋「チャイカ」がある。元々は新宿界隈に店があり、記憶が曖昧だけど、ここに移転してきたのは10年弱前かな?  続きを読む 高田馬場「チャイカ」ロシア料理屋の美味しいオリジナルカレー、ボルシチ、ピロシキ&つぼ焼き旨し。

茅場町「ナワブビリヤニハウス」手軽に「ビリヤニ」が食べたくなったらこの店、穏やかに美味しいね。

最近「ビリヤニ」(インドの炊き込みご飯)専門店が増えてきた。またそのブームに乗じて、インド料理店でも、メニューに加える店が目立つようになった。その火付け役は神田にある「シャヒダワット」じゃないかな。

続きを読む 茅場町「ナワブビリヤニハウス」手軽に「ビリヤニ」が食べたくなったらこの店、穏やかに美味しいね。

川越「ぽか羅」界隈ナンバー1の極上の日本スタイルのインド風カレー、絶品!

東武東上線「川越市駅」、西武新宿線「本川越駅」の間に「ぽか羅」が誕生して5年弱。といっても国分寺や新所沢で店をやっていたようで、その歴史は結構長い。

続きを読む 川越「ぽか羅」界隈ナンバー1の極上の日本スタイルのインド風カレー、絶品!

田町「カレーハウス林」住宅街に佇む、和出汁とスパイスで作り上げた美味しいカレー専門店。

「慶応仲通り商店街」にある目的の店が臨時休業で、仕方なく辺りをプラプラ。商店街のはずれにカレー屋の看板を発見。

「カレーハウス林か、この店知らないな…」

続きを読む 田町「カレーハウス林」住宅街に佇む、和出汁とスパイスで作り上げた美味しいカレー専門店。

浅草「ピーター」喫茶店のカレーライスとあなどってはいけない。ビックリするほどクオリティーの高い味わい、ご高齢のママさんは只者じゃないぞ!

「カレーライスください」

「ごめんね。たった今ご飯終わっちゃったの」

えっ、まだ12時半なのに、今日は予想以上に客が来たらしい。

「炊飯器のスイッチ入れたから、30分ぐらいで炊けるから待ってもらえる」

「わかりました、ちょっとその辺ブラブラしてきます」

浅草「ビューホテル」の裏手にある古めかしい喫茶店「ピーター」。この店に通ってかれこれ10数年かな。ここの絶品のカレーライスが食べたくて久々に訪れたらご飯が売り切れとは。西浅草をしばらく徘徊して店に戻る。

続きを読む 浅草「ピーター」喫茶店のカレーライスとあなどってはいけない。ビックリするほどクオリティーの高い味わい、ご高齢のママさんは只者じゃないぞ!

表参道「天馬」賑わうカレーパンの味わいとは。

青山の246沿いにずっと前から気になっているカレーパンの店「天馬」。確か中野駅南口「サンモール商店街」にもあるね。この日は野暮用で青山を徘徊していて、

「あれ、また並んでる、そんなに美味しいカレーパンなのかな

続きを読む 表参道「天馬」賑わうカレーパンの味わいとは。

水天宮「ローリエ」大昔にあった「ボルツ」のインド風カレーの幻影を見た。でも勘違いかもね。

水天宮「首都高6号線」の脇に瀟洒な佇まいのカレー専門店がある。店内はL時のカウンター8席に2人席のテーブルが5卓、木彫の店内は実に落ち着いた雰囲気だ。

続きを読む 水天宮「ローリエ」大昔にあった「ボルツ」のインド風カレーの幻影を見た。でも勘違いかもね。

大塚「ツリートップ」穏やかな味わいのカレーライス。忘れた頃に無性に恋しくなる美味しさなんだよね。

大塚駅北口から左手。飲食店が連なる猥雑な商店街を抜けて、大通りを渡り、また小さな商店街に「ツリートップ」がある。駅から徒歩10分ってとこかな。

続きを読む 大塚「ツリートップ」穏やかな味わいのカレーライス。忘れた頃に無性に恋しくなる美味しさなんだよね。

東中野「カレーリーフ」癒しのインドカレー。南インドカレーが騒がれる以前から密かに息づいている店。

日本にあるインド料理屋で提供されるカレーの多くは、濃厚な味わいの北インドカレーだ。近頃、サラリとした南インドカレーもここ数年で増え始め、ボクが知る限りでは日本全国に90数店舗あるのではないか。それもほとんどが関東中心に展開している。

そんな中、巷に南インドカレーが認識されるずいぶん前からこの「カレーリーフ」はあった。

続きを読む 東中野「カレーリーフ」癒しのインドカレー。南インドカレーが騒がれる以前から密かに息づいている店。

仙川「魔女のカレー」記憶の片隅に追いやられていた懐かしいインド風カレーライス、超旨し!

10数年前、東武東上線「成増駅」北口の横丁に「デイブレテク」というカレー屋があった。

確かカウンターのみの小さな店で、カレーはインド風情ですこぶる旨かった。成増にはパキスタンカレーの名店「サプナ」があり、人気を二分するんじゃないかと思われていたけど、僅か数年で突如姿を消した。同沿線のカレー屋の思い出を回想すれば「上板橋駅」川越街道沿いにも、御茶ノ水にかつてあった「インデラ舟」に似た味わいの「ひまわり」というカレー屋があったが、この店もどこかへ行ってしまった。

続きを読む 仙川「魔女のカレー」記憶の片隅に追いやられていた懐かしいインド風カレーライス、超旨し!

上板橋「ひなた」リーズナブルでメチャの焼きとん、気の利いた美味しいメニュー盛りだくさんの居酒屋。すこぶる旨いキーマ風焼きチーズカレーにもビックリ。

東武東上線「上板橋駅」は地味な駅だけど、「蒙古タンメン中本」の発祥の店や、行列の並ぶドラ焼きの「石田屋」、居酒屋の名店「鳥昇」、めちゃ旨の「魂の中華そば」など密かに賑わっている。

中でも新参の居酒屋としては南口の予約必至の焼きとん「須賀の湯」はすでに紹介しているけど、北口にも人気を二分する焼きとん居酒屋の「ひなた」がある。

続きを読む 上板橋「ひなた」リーズナブルでメチャの焼きとん、気の利いた美味しいメニュー盛りだくさんの居酒屋。すこぶる旨いキーマ風焼きチーズカレーにもビックリ。

自由が丘「カレー★スーパースター」体が癒されるインドカレー

自由が丘にある居酒屋の名店「金田」で友人と待ち合わせ。1時間ばかり早めに着いたので、何年かぶりに界隈を徘徊。

「確かこの辺だったよな

六本木「俳優座」裏手にあったカレーの名店「MURA」が自由が丘に移転し、そのご閉店。食用のドライフラワーが散りばめられた独特なキーマ風のカレーだった。

北口に古くからある雑貨、飲食店が立ち並ぶ「光街」、「自由デパート」をぶらぶら

続きを読む 自由が丘「カレー★スーパースター」体が癒されるインドカレー

神泉「カイラス」洋食スタイルの美味しいカレーライス、安定の旨さだね。

渋谷駅から道玄坂をしばらく登り、「道玄坂交番前」の三叉路脇にカレーライス専門店の「カイラス」がある。ココはボクが30代の頃に出来た店だと記憶している、だから創業から20数年になるのかな?

続きを読む 神泉「カイラス」洋食スタイルの美味しいカレーライス、安定の旨さだね。

本郷3丁目「ルオー」喫茶店のセイロン風カレー、忘れたころに無性に食べたくなる味わい。

カレーの食べ歩きを始めるに当たり、欠かせない基本の店といってもいいだろう。

この店は昭和27年に東大赤門前で息づいていたらしいけど、当時のことは知らない。一時期閉店となるが、ここで20年ほど働いていた方が、昭和54年に東大正門前で再開させ現在に至っている。

『されど我らが日々』で芥川賞を受賞した小説家、柴田翔。彼の小説、学生運動の狭間の中で揺れ動く若者の苦悩を描いた恋愛小説『贈る言葉』の舞台になった喫茶店でもある。

続きを読む 本郷3丁目「ルオー」喫茶店のセイロン風カレー、忘れたころに無性に食べたくなる味わい。

有楽町「マーブル」昼時は大混雑、何気なく旨い病みつきのカレーライス

このカレー専門店いつからあるか知らないが、ボクもずいぶん昔から通っている。

店内はカウンター11席。入って正面に8席と右手窓際に3席という変形な造りだ。昼時は近隣のサラリーマンとOLでごった返す。

続きを読む 有楽町「マーブル」昼時は大混雑、何気なく旨い病みつきのカレーライス

池袋「トムボーイ池袋2号店」南北インド、ネパールカレーが楽しめる。

dsc07808

池袋南側「東通り」を入った右手の2階にインド料理屋「トムボーイ」がある。

dsc07815

店内はインドテイストのデコラティブな内装で、禁煙席と喫煙席に分かれている。外のメニュー表に「サウスインディアンランチ」と記されてあったので飛び込んでみた。

続きを読む 池袋「トムボーイ池袋2号店」南北インド、ネパールカレーが楽しめる。

六本木「ブルースキッチン」パンジャブのおふくろカレー

dsc07887

「六本木ミッドタウン」の裏の横丁に、今年の6月にオープンしたカフェがある。

ランチは日替わりのようで、この日は「カルボナーラ」、「シーフード」、「ナスとベーコンのトマト」の3種類のパスタと「スパイシーチキンカレー」。いずれもサラダとドリンクが付いて1000円だ。

続きを読む 六本木「ブルースキッチン」パンジャブのおふくろカレー

銀座「朧月」友人にバッタリ出くわし、偶然入ったラーメン屋。煮干の風味仄かに香る美味しいラーメン

dsc07686

有楽町、交通会館の「スカイラウンジ」で3時に打ち合わせがあり、銀座に早めに着いた。どこかで遅い昼飯を食べようと、界隈を徘徊。

「あれ? なんでこんなところ歩いてるんだ」

遠くに知り合いと思しき人が歩いていたので、その後ろ姿を追いかける。横丁に入ったら見失ってしまった。

「どこ行っちゃったんだろう?」

続きを読む 銀座「朧月」友人にバッタリ出くわし、偶然入ったラーメン屋。煮干の風味仄かに香る美味しいラーメン

銀座「ブラン亭」コリドー街に密かに佇むバーのインドカレーにビックリ。とにかくメチャ旨。でも来年の春に食べられなくなっちゃうよ!

dsc07804

「銀座のコリドー街の『ブラン亭』って知ってます?」

「いや、初めて聞いたよ。なに屋さんなの?」

「昼はカレー屋で夜はバーらしいですよ。友達の話だとメチャメチャいけてるカレー出すらしんですよね」

と、こんな話を友人から聞いていた。そんな事をふと思い出し、コリドー街近くで働く食いしん坊の先輩に確認すると、

「有名な店だよ。そうそう前々から小野に話そうと思ってて、忘れてたよ。あれはよくできたカレーだよ。行ってみな」

ということで、銀座に出向いた。コリドー街の途中にあるパン屋兼タバコ屋「エデン」の角脇の地下1階に「ブラン亭」はあった。

続きを読む 銀座「ブラン亭」コリドー街に密かに佇むバーのインドカレーにビックリ。とにかくメチャ旨。でも来年の春に食べられなくなっちゃうよ!

青山一丁目「スパイシービストロ・タップロボーン」いま巷を賑わす本場のスリランカカレー、旨し。

dsc07560

ずいぶん前に南青山でデザイン事務所を構える先輩から、

「美味しいスリランカカレーがあってさ、オレ好きなんだよね」

とそんな話を聞いていた。でもこの界隈に来ると、どうしても「珉珉」が恋しくて、ナスカレー丼、ドラゴンチャーハン、餃子ばかりに気を取られ、やっと2年ほど前に1度だけ「タップロポーン」を訪ねたんだけど、いまだに記憶が曖昧。

たまたまこの界隈で打ち合わせがあり、

「もう一度確認しなければ」

「ホンダ」本社ビル裏手にある「ウィン青山」1階、飲食店街の中にある「タップロポーン」にお邪魔した。

続きを読む 青山一丁目「スパイシービストロ・タップロボーン」いま巷を賑わす本場のスリランカカレー、旨し。

二重橋前「サングリア」メチャメチャ美味しいタイのチキンカレー

dsc07305

「小野さん、いつも出前で食べてるカレー屋があって、サラサラで僕の好みなんですよね。この店タイとインドカレーがあるんですけど、行ったことあります?」

と、ある居酒屋の常連で大手町に務める証券マン、通称ゴルゴからの情報だった。

続きを読む 二重橋前「サングリア」メチャメチャ美味しいタイのチキンカレー

築地「豊ちゃん」じんわり旨い「カツカレー」通称「ノッケカレー」。これいま食べられないのよ。実は豊洲移転で8月末に閉店。その後復活したようだけど、経営者が変わって味も変わったとの噂

2014

築地の場内に来るとカレー専門店「中栄」か、洋食屋「豊ちゃん」のどちらかしか行かない。この店、大正8年創業とは恐れ入る。ここに通ってかれこれ20数年になるかな。

続きを読む 築地「豊ちゃん」じんわり旨い「カツカレー」通称「ノッケカレー」。これいま食べられないのよ。実は豊洲移転で8月末に閉店。その後復活したようだけど、経営者が変わって味も変わったとの噂