タグ別アーカイブ: 門前仲町

門前仲町「宝家」夜は迫力のおまかせコース。昼は味わいのラーメン、定食が楽しめる。

「今日飲み会なのお忘れですか?」

えっ! と慌ててカレンダーを確認する。なにも書いていない。薄らと記憶が蘇る。ヤベー!

「今すぐ行きます。しばらくお待ちください」

とパンの評論家、福地寧子さんにメールした。

門前仲町駅から清澄通りを渡って裏路地に、お世辞にも綺麗とは言えない佇まいの中華料理屋「宝家」があった。

続きを読む 門前仲町「宝家」夜は迫力のおまかせコース。昼は味わいのラーメン、定食が楽しめる。

門前仲町「キッチンまつむら」町に愛されるコスパのいい洋食屋。

門前仲町駅から永代通りを渡り、春は桜で賑わう運河にかかる「巴橋」を過ぎる。最初の交差点を左折してしばらく進むと右手の路地に「キッチンまつむら」が現れる。

サラリーマン、OL、ナッパ服を来た客で賑わう店内は、調理する油でいつも煙っている。この日はカウンターに通され、ご主人の調理する姿を眺めながら料理を待つことになった。

続きを読む 門前仲町「キッチンまつむら」町に愛されるコスパのいい洋食屋。

門前仲町「おはる」宮本輝の『泥の河』をホウフツとさせる渋いラーメン屋、五目そば旨し!

dsc07203

終戦まもない大阪のある川を舞台に、うどん屋を営む家族と、対岸の川で客を引く屋形船の家族との陰影を描いた、宮本輝の『泥の河』をご存知だろうか?

門前仲町から永代橋の手前、仙台堀川と大横川を結ぶ、名もない運河のたもとに「おはる」というラーメン屋を見かけたとき、『泥の河』の主人公の少年二人が、今にもその「おはる」から飛び出してくるような錯覚に陥ってしまった。そんな佇まいのラーメン屋なのだ。

続きを読む 門前仲町「おはる」宮本輝の『泥の河』をホウフツとさせる渋いラーメン屋、五目そば旨し!

門前仲町「ひつじの新町や」信州直送、新鮮でクセのない羊肉を焼肉感覚でいただく

 

DSC_5765門前仲町駅から清澄通りを越中島方向へ進む。大横川の「くろふね橋」を渡り、150メートルほど先の左手に、「ひつじの新町や」が現れる。店内はL字型のカウンター 10席、座敷は6人ほど座れるスペースだ。

続きを読む 門前仲町「ひつじの新町や」信州直送、新鮮でクセのない羊肉を焼肉感覚でいただく

門前仲町「多幸坊」居酒屋の名店

DSC01173

日本酒評論家、フードコーディネーター、デザイン会社の社長と4人で、なぜか門前仲町で打ち合わせをすることになった。「深川不動尊」の前で待ち合わせをして、適当な店に飛び込んだのだが、

「この店なんか落ち着かないよな?」

「俺もそう思ってたんだよ」

とさっさと店を出て、町を徘徊。

「この店の佇まいはいいね」

と飛び込んだのが「多幸坊」だった。もう10年ほど前のこと。

続きを読む 門前仲町「多幸坊」居酒屋の名店

門前仲町「富水」魚屋が営む賑わいの居酒屋

DSC01709

2ヶ月に1回ほど4、5人で居酒屋放浪の旅に出る。その度に場所はいろいろだけど、この日はその放浪仲間、三宿にある「Bar ONCE(オンセ)」のオーナー、青ちゃんの行きつけの「富水」にした。

ここは店頭で鮮魚を商いする奥で居酒屋を営む変わった店で、客層はビジネスマン、OL、ご隠居、家族連れが多い。店内はけっこうなキャパがあるけど、開店と同時にほぼ満席になる賑わいぶりだ。

続きを読む 門前仲町「富水」魚屋が営む賑わいの居酒屋

門前仲町「こうかいぼう」ホスピタリティのいい美味しいラーメン

ご夫婦で切り盛りされる店内へ足を踏み入れると、実に気持ちのいい対応で迎えてくれる門前仲町にある「こうかいぼう」。

DSC01694

 店名の由来は「広く皆様に望まれる店になるように」との願いをからだとか、接客にその心があらわれていて、ラーメン屋には珍しく極めてホスピタリティの高い店である。

続きを読む 門前仲町「こうかいぼう」ホスピタリティのいい美味しいラーメン