タグ別アーカイブ: 神田

神田「巴家」素朴ながら秀逸なラーメン、穏やかでシットリとした旨い焼売、ガツンと味わいのあるチャーハン。

地下鉄千代田線「大手町駅」から3分、または都営新宿線「小川町駅」から4、5分ってとこかな。老舗の中華屋だ。

この店、誰に勧められたか記憶になく、

「確かこの変にいい中華屋あるって聞いたよな

と漠然と尋ねたのが始まり。

続きを読む 神田「巴家」素朴ながら秀逸なラーメン、穏やかでシットリとした旨い焼売、ガツンと味わいのあるチャーハン。

神保町「神田餃子屋」クオリティーの高い大衆中華の雄。昼時は常に行列。

仕事モードの時じゃなければ、神保町での昼飯で行く店はだいたい決まっている。カレー屋なら「共栄堂」、「ディラン」など各店。洋食やトンカツなら「アミ」(閉店)、「万平」、「キッチン南海」、「ポンチ軒」。割高だけど天ぷらなら「山の上ホテル」、廉価店なら「天丼屋」、「いもや」。中華だと「太一」、「スートポーヅ」、「新世界菜館」。

そんな中、駿河台に会社があった頃もっとも通ったのが「神田餃子屋」だ。とにかく大衆中華の中でここはクオリティーが高い。

続きを読む 神保町「神田餃子屋」クオリティーの高い大衆中華の雄。昼時は常に行列。

神田「白蘭」超ジャンクなラーメンだけど、体が弱っているときにこれ食うと、ホント元気になるんだよね。

dsc06698

神田界隈の裏道、袋小路の一角に煮しまったようなボロボロの中華料理屋「白蘭」がある。この店を知って20数年ぐらいかな。1階にテーブル席はあるが、混雑しない限り2階へ通される。階段を上がっていくと、

「坦々麺でいいですか」

とオバちゃんの一声。

「はい。お願いします」

続きを読む 神田「白蘭」超ジャンクなラーメンだけど、体が弱っているときにこれ食うと、ホント元気になるんだよね。

神田「葡萄舎」洋風居酒屋の癒されるインドカレー

CA320283

東南アジアを中心に長い放浪生活を送ってきた主人。口髭を蓄え、長髪を後ろに結んだ風貌は、ボヘミアンだった頃の面影を漂わせている。

この店に出合ったのはおよそ15年前。僕の師匠である御徒町にあったインド料理の名店「モーティマハール」の主人に紹介されたのがきっかけだった。「葡萄舎」は当時、ランチはやってなく、酒の肴のメニューとしてカレーがあり、その美味しさには定評があった。

続きを読む 神田「葡萄舎」洋風居酒屋の癒されるインドカレー

神田「まつや」老舗蕎麦屋のカレー丼

DSC03071

明治17年創業、戦火をまぬがれた建物は重厚で歴史を感じる。この店に通ってかれこれ30年ほど。ここの蕎麦は石臼で蕎麦の表皮と一緒に挽いた「挽きぐるみ」と呼ばれるもの。麺はやや長めで、ちょっとざらつくはずの「挽きぐるみ」だけど、ここはツルッとした喉越しで、濃い口のツユはやや甘めでこれがいい。

続きを読む 神田「まつや」老舗蕎麦屋のカレー丼

神田「シャヒダワット」のビリヤニとカレー

DSC03106

インドの炊き込みご飯、「ビリヤニ」をご存知だろうか? ツヤツヤとオレンジイエローに光彩を放つライスを一口いただくと、しっとりと滑らかなご飯の舌触り、スパイスの複雑なハーモニー、素材の旨味が凝縮されたその味わいに、誰もが虜にさせられる。

続きを読む 神田「シャヒダワット」のビリヤニとカレー

神田「本石亭」のキーマカレー

140429_1354

この店に出合ったのは、神田、日本橋界隈を当てもなく散策しているときだった。小さな袋小路に迷い込むと、ビストロやイタメシ屋がちらほら、

「なんだか面白そうだな……」

と回り込んでいくと、小さな行列を発見。「本石亭」と記されて木製の看板下に「欧風カレー・インドカレー・ドライカレー・キーマカレー」のメニューが目に飛び込んできた。最近出合ったカレー屋で、いまダントツ一押しの店と言っていいだろう。

※写真ガラケーで撮ったものなので粗いです。今度撮り直します。

続きを読む 神田「本石亭」のキーマカレー

神田須田町「トプカ」インド風カレーライス

トプカ2

カレー屋の激戦区、神田、御茶ノ水界隈にこの「トプカ」が開店したのは20数年になるだろか。神田須田町老舗のそばや「松屋」で、いつもカレー丼を食い続けていたのだが、ある日「松屋」の横に突如出現した。

続きを読む 神田須田町「トプカ」インド風カレーライス