タグ別アーカイブ: 浅草

浅草「富士ラーメン」独特な風味の軽やかなトンコツラーメン。

浅草の国際通りを歩いていて、たまたま入った店。店先には小麦粉25kgの大袋が置かれていて、どうやら自家製麺のようだ。入って右手に券売機、その左手に変形のコの字型のカウンター11席となっている。

続きを読む 浅草「富士ラーメン」独特な風味の軽やかなトンコツラーメン。

浅草「ピーター」喫茶店のカレーライスとあなどってはいけない。ビックリするほどクオリティーの高い味わい、ご高齢のママさんは只者じゃないぞ!

「カレーライスください」

「ごめんね。たった今ご飯終わっちゃったの」

えっ、まだ12時半なのに、今日は予想以上に客が来たらしい。

「炊飯器のスイッチ入れたから、30分ぐらいで炊けるから待ってもらえる」

「わかりました、ちょっとその辺ブラブラしてきます」

浅草「ビューホテル」の裏手にある古めかしい喫茶店「ピーター」。この店に通ってかれこれ10数年かな。ここの絶品のカレーライスが食べたくて久々に訪れたらご飯が売り切れとは。西浅草をしばらく徘徊して店に戻る。

続きを読む 浅草「ピーター」喫茶店のカレーライスとあなどってはいけない。ビックリするほどクオリティーの高い味わい、ご高齢のママさんは只者じゃないぞ!

浅草「やまと」絶品の「生姜焼き」斬新な絵姿に胃袋が唸る!

dsc08160

上野「東京都美術館」で「ゴッホとゴーギャン展」が催されていたので訪れた。

dsc08157

開場前に並んだので、中はさほど混んでなくゆっくりと鑑賞。今まで見たことのなかった数多くのゴッホとゴーギャンの絵を楽しんだ。気に入った絵のポストカードを購入した。

dsc08345

昼飯は浅草「千束通り商店街」の横町にあるとんかつ屋「やまと」を目指す。

続きを読む 浅草「やまと」絶品の「生姜焼き」斬新な絵姿に胃袋が唸る!

浅草「ニュー王将」渋い居酒屋の名店

DSC03996

数ヶ月に一回の割合で同業者の飲み会がある。この集まりは女性が多少いるので、普段は女性好みの店が多いんだけど、

「たまにはオヤジが集うような渋い飲み会にしよう」

ということで、浅草の「ニュー王将」に決まった。この店に訪れるのは7、8年ぶりかな。

続きを読む 浅草「ニュー王将」渋い居酒屋の名店

浅草「河金」大正7年誕生の元祖カツカレー

DSC00959

カツカレーの歴史は2通りある。いま巷で見かけるカツカレーのスタイルを最初に作ったのが銀座「グリルスイス」、昭和23年のことだ。当時元巨人軍の故千葉茂さんが「カレーにカツをのせてくれ」という要望から誕生したそうだ。でも大正7年に浅草にあった洋食屋台の「河金」でカツカレーは誕生していた。「カツにカレーを乗せてくれ」という客の一言で誕生したのが「河金丼」で、「カレーにカツ」と「カツにカレー」という逆のエピソードが面白い。

続きを読む 浅草「河金」大正7年誕生の元祖カツカレー

浅草「むつみ」釜飯の名店

DSC01607

釜飯にはあまり興味がなかった。その理由は、あの混ぜご飯のような中途半端なたたずまい、確固とした主張をしない具の姿、おかずもなくただメシをほおばるという作業。下手な店に入れば、スーパーで売っている着色したような汁漬けの山菜が散りばめられていたり、塩ジャケが入っていたりと、釜飯の悲しい思い出を語ったらキリがない。そもそも、いい店に出合ってなかったということなのだ。

続きを読む 浅草「むつみ」釜飯の名店

浅草「百里香」激ウマカレー

yurika-003

浅草、浅草寺裏手、国際通りの交差点に近い言問い通りに垂直に面した千束通り商店街のはずれに、取材拒否のカレーの名店「百里香」がある。

この店を知ったのは10数年前。近所に「乙姫」という煮込みがめっぽう旨い居酒屋(閉店)が開店前だったので、当たりを徘徊していて偶然見つけた店だった。

続きを読む 浅草「百里香」激ウマカレー