高田馬場「シュエーオー」ミャンマー料理


myanma

高田馬場は日本一多くのミャンマー人が暮らす街。そんな彼らが利用するミャンマー料理屋がこの界隈には10軒ほどある。

僕がよく行く店は、駅前から斜めに進む「栄通り」を、10メートルほど進んだ左手のビルの4階にある「シュエーオー」だ。

ミャンマーの定番料理はいろいろあるけど、ここでは「ダンパウ」(ランチ950円)がお勧め。

この料理は言ってみればインドのビリヤニに似た鶏のスパイス炊き込みご飯だ。どこのミャンマー料理屋にもだいたい置いてあるメニューだけど、ここはボリューム満点で充実の旨みとスパイス加減がいい。食べ方はまずは鶏肉の身をほぐし、骨を取り除き皿の隅によけておこう。

次に極彩色のサフランなどで炊き込まれたご飯とぐちゃぐちゃに混ぜること、どこか東銀座の「ナイルレストラン」の「ムルギーランチ」に似た食べ方だ。そのままでも充分に美味しいけど、付け合せの辛いふりかけ(ペーポウッチョーという名称。乾燥チリと干し海老、塩などで味付けしたもの、だと思う)のようなものがあり、これを鶏肉と混ぜ合わせたサフランライスにふりかけて食らいつく。余談だけどインド、東南アジアには様々なふりかけ風があり、例えばスリランカカレーにもふりかけ「ボルサンボル」がありこれもなかなか乙な味わいだ。

話がそれたけど、この「ダンパウ」各種スパイスで炊き込まれた鶏肉はほどよくジューシーでスパイシー、サフランライスには香りづけのカルダモンや食感の楽しいカシューナッツなどが入っている。アジア各国に似たような料理があるけど「ダンパウ」は格別に旨いね。

その他のランチメニューは「ミャンマーカレーセット」780円、「チェーオー」(ビーフンラーメン)750円、「モヒンガー」(スープそーめん)700円、「オーノカウスェ」(ココナッツミルクラーメン)750円があり、どれも美味しいね。

ちなみにこのビルの2階に「ローズドファミリーストア」という主にインドの食材屋があり、僕はここでスパイスを購入している。またその隣に「焼き鳥ちゃぼ」があり、大人数の飲み会の時にたまに利用している。

shweo-001


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA