高田馬場「リストランテ文流」のボロミーゼ・タリアテッレ


DSC02600

イタメシの純粋なミートソースが恋しくなると、よく利用するのが「リストランテ文流」だ。

DSC02595

ご覧のものが「ボロミーゼ・タリアテッレ」。粗挽きの肉をしっかりとフライパンで焼きつけていて、トマトの酸味もほどよく飛んでいる肉々しいラグーソース。これが平打ちの生のタリアテッレによく絡む、合間に自家製のパンにオリーブオイルをつけて一口、そしてラグーソースをちょいとつけて一口、旨いね。

DSC02590

でも時々味が少々ぶれる時があるんですよ、塩気が足りないとか、トマトの酸味が立ちすぎているとか、もっと安定してくれたらいいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA