門前仲町「宝家」夜は迫力のおまかせコース。昼は味わいのラーメン、定食が楽しめる。


「今日飲み会なのお忘れですか?」

えっ! と慌ててカレンダーを確認する。なにも書いていない。薄らと記憶が蘇る。ヤベー!

「今すぐ行きます。しばらくお待ちください」

とパンの評論家、福地寧子さんにメールした。

門前仲町駅から清澄通りを渡って裏路地に、お世辞にも綺麗とは言えない佇まいの中華料理屋「宝家」があった。

「ここで飲み会?」表の扉は開かず、しかたなく厨房を覗くと、

「待ち合わせですか?」

と店主。厨房を抜けてフロアーへ、店内は満席で、一番奥の入口前に仲間5人が陣取っていた。どうりで扉があかないワケだ。

「すいません、遅くなりました」

「はい、かけつけ3杯」

夜はコース料理のみで、飲み代含めて1人およそ5000円ってとこか。「メロウの煮付け」、「刺身盛り」、「メロウのカマ焼き」、「フグの唐揚げ」、「ステーキ」、「餃子」など。

ちょい高めだが、肉、魚料理の大皿の数々に圧倒され、それもどれをいただいても旨い! これが中華料理屋なの、って感じ。餃子は自家製の皮で手作り、薄皮でパリパリ、シットリジューシー、下味かしっかり入っているので、タレをつけなくてもそのままでいただける。〆に「半ラーメン」でフィニッシュ。これが素朴で美味しいのよ。

なんだかこの店は面白いね。70前後のご夫婦2人で切り盛りされている大量のつまみなので当然食いきれない。残ったものはすべてお土産にしてくれるのがまたありがたい。

数日後昼間にお邪魔した。

「あれ、この間のお客さん。ありがとうね」

「いや~、美味しかったんで、ラーメン食べに来ました」

「チャーシュー出来たばっかりだから、これ美味しいよ」

「餃子ありますか」

「夜しかやってないのよ」

ということで、「チャーシューメン」に「ワンタン」をプラスしてもらった。900円だったかな? ご覧のものがそれ。

潔いエッジの尖った醤油スープ、迫力の豚バラの焼豚が4枚。一口すすり、焼豚を噛み締める。ワイルドな肉感、ほどよい歯ごたえ、旨味凝縮。

「旨いっスね」

中太のややウェーブ麺はツルツル滑らかでモチモチ、いかにも中華屋の僅かに具の質素なワンタンが、チュルンとして心地よい。

この店いいですよ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都江東区門前仲町1125 電話0336434538

【営業】11時30分~13時30分 18時~23時

【休日】日

【アクセス】地下鉄東西線・都営大江戸線「門前仲町駅」3番出口から徒歩2分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA