錦糸町「アジアカレーハウス」ベンガルのドメスティックカレー、メチャ旨!


錦糸町は思い出したように訪れる。昼食を済ませて、南口駅前にある「魚寅」に寄ってマグロブツや旬の魚介を購入して帰るパターンが多い。そんな時に見つけた、平日は夜しかやっていない怪しいカレー屋が気になっていた。

「土日だけ昼やってるんだ…」

ある日連れと訪れた。丸井の裏手にある細かい居酒屋が連なる長屋のような一角。

店内はカウンター5席のみ。棚にはダール(豆)やターメリックなどのスパイスが所狭しと陳列。

どうやら食材の卸しか小売りをしている店のようだ。

メニューは1「スペシャルマトンビリヤニとエッグ&チキンローストカレーのセット」1200円、2「少なめマトンビリヤニとチキンカレー」890円、3「カレーライス(玉子カレーとチキンカレーorマトンカレー)」850円の3種類。

「スペシャルガイイヨ」

40半ばのご主人が畳みかけてくるが、どうやら1、2、3とも同じもののようなので、2と3にした。

「3はマトンでお願いします」

「ウ~ン、キョウマトンナイネ、ビーフ」

「はいじゃそれで」

骨付きマトンのビリヤニの上には玉子カレーにサラダが添えられた代物。一口、

「旨い!」

ジャポニカ米は穏やかなスパイス感、マトンのダシが効いている。玉子カレーもまた旨い、数種のスパイスで煮込まれているようだ。またサラダのドレッシングもいいね。

チキンカレーは何故かウイングと胸肉のぶつ切りの2種類、サービスなのか? 

旨味とコラーゲンのグレービーにターメリックとコリアンターなど数種で煮込まれたカレーは、シンプルながら奥深い旨味。仄かに甘いのはジャグリー(黒砂糖)のせいだろうか。

「美味しいですね」

「ソウデスカ」

表の看板にバングラディシュの国旗があったが、一応。

where are you from?」

「ニホンゴデダイジョウブ。バングラデシュ」

「これ家で食べるカレーですよね」

ソウデス」

とのことだ。インドと異なり、バングラディシュはムスリムが多いのでビーフカレーはある。

これ骨付きビーフはかかなり濃厚でちょいスパイシー、ライスにかけると実に食が進む。いずれにしても南アジアのカレーに多く出合ってきたけど、ここのカレーの味わいは初めて。

悪戯にスパイスを使わず、素材を生かしたカレーっ感じ、ちょっと驚かされた。

バングラディシュで思い出したけど、神保町にあったバングラディシュ人の居酒屋「櫓」のジーアさんはどうしるんだろう。一度成増の「お風呂の王様」で会ったっきり。日本人の奥さんとダッカに帰ったって聞いたけど、彼がこしらえるベンガル料理が恋しいな。

「ごつそう様でした」

「ハイ1640円デス」

店をあとにして気づいたけど、1740円じゃなかったっけ。まっいいか、また来よう。

〈店舗データ〉

【住所】東京都墨田区江東橋324 電話0336344522

【営業】19時30分~翌4時 土・日11時~15時30分 19時30分~翌4時

【休日】無休

【アクセス】JR総武線「錦糸町駅」南口から徒歩3分 地下鉄半蔵門線「錦糸町駅」1番出口から徒歩3分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA