銀座「中華三原」コスパのいい、力強い味わいのタンメンに病みつき。


銀座晴海通りの横丁、袋小路の一角に味わいの「中華三原」がある。

ここを初めて訪れたのは30年ほど前かな。サラリーマン時代、銀座の取引先を回っているとき、お得意さんに連れて行ってもらったのが始まり。

外観、店内ともその当時と変わらない佇まい。カウンターは8席に、4人席のテーブル2卓、2人席テーブル1卓となっている。

銀座ながら、どのメニューも廉価でボリューム満点。「ラーメン」は値上がりしたものの500円とは驚き。多めのメンマ、モヤシ、焼豚1枚、醤油のエッジの効いた安心の美味しさなんだよね。

特にお勧めは「タンメン」700円。今回は焼豚2枚100円を追加した。

タンメンっていうとアッサリしているのが一般的だけど、ここのタンメンは別物。

スープをすすると旨味が深く、ややオイリーで力強い味わいに食欲が加速する。

ストレートの細麺は特筆するものはないけど、ボリュームがあり、このスープをよく絡めてくれる。たっぷりのキャベツはシャキシャキで、

下味のしっかり入ったシットリとした分厚い焼豚が、タンメンを食事として昇華させている。ここに来るといつも思うんだけど、餃子があったらなお最高。麺の固さも調整してくれるので、お好みで。いずれにしてもクセになる美味しいタンメンだ。

また昼時は大混雑、ちょい時間をずらしたほうがいいかもね。

〈店舗データ〉

【住所】東京都中央区銀座5-9-5 電話03-3571-4359

【営業】月~金11時15分~15時 17時~18時30分 土11時15分~15時【休日】日・祝

【アクセス】地下鉄日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」A1出口から徒歩1分。

東京都中央区銀座5-9-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA