銀座「カーンケバブビリヤニ」のメチャ旨のビリヤニとフィッシュヘッドカレー


DSC02738

銀座での打ち合わせの帰りに、おもちゃのデパート「博品館」に寄った。別に何かを買うつもりはなく、中国人の観光客に混ざって、おもちゃを眺めたあと、エレベーター付近でインド料理屋の看板を目にした。

「あれ、『カーンケバブビリヤニ』ってビリヤニ食わせるインド料理屋か…。こりゃ入るっきゃないな」

ということでさっそくエレベターで6階へ登った。

窓際の特等席に案内され、メニューを眺めれば、ニハリ(ラムのスパイス煮込み)や、カラチ(ラム肉のトマトとスパイス煮込み)、ドーサ(南インドのクレープ)、ビリヤニ(炊き込みご飯)など、この店、パキスタン、パンジャブ、南インドのミックス料理屋のようだ。

「あれ、フィッシュヘッドカレーまであるじゃん」

フィッシュヘッドカレーってシンガポールの名物料理だけど、もともとは南系のインド人が発明したもの。これ食べさせてくれる店って都内に数件しかないんだよね。

「チキンのビリヤニセットとフィッシュヘッドカレーください」

「はい有難うございます。フィッシュヘッド辛くしますか?」

「中辛でお願いします」

DSC02720

最初に登場したのは「ラッサム」(南インドのスープカレー)とサラダ。次にビリヤニの登場となる。

 

DSC02723てんこ盛りのバスマティライス(インドの高級長粒米)を一口いただくと、「旨め~!」ビリヤニといえば神田の「シャヒダワット」が有名だけど、この店は濃厚な味わい。しかし、ここは非常にさっぱりとした口当たりだが、ワイルドシナモン、スターアニス、クローブ、カルダモンのホールスパイスがどっさり入っているので極めてスパイシー。付け合せのダヒ(ヨーグルト)をかけてまた食らいつくと、さらにいい。またマンゴーのアチャールは現地で食った味と瓜二つで、これもグッド。

「サービスです」

「えっ、有難うございます」

ってキーマカレーの小皿が出てくる、これも文句なし。

DSC02726

そして「フィッシュヘッドカレー」の登場。

DSC02727

DSC02732

サフランライスの上にあしらわれているのは野菜のポリアル(スパイス蒸し和え)、いや~何もかもが凝っている。サラサラなカレーソースは魚のダシがよく効いていて、実に爽やかな風味で極めてスパイシー。

「おいおい、これメチャメチャうまいぜ!」

久々にレベルの高いインド料理屋に出合った。

「この魚タイですか?」

「そうですね、味どうですか」

「ビックリの美味しさですよ」

スープの中を探っていると「鯛のタイ」つまり、タイのほほ肉の中にある軟骨のようなもの、タイの形をしているので「鯛のタイ」と呼称されていて、まぐれもなくタイのお頭だ。タイの骨を避けながら具をすくって頬張ると、レモンの塊を食ってしまった、「酸っぺ~」これもいいね。

「サービスです」

「またサービスしてくれるんですか?」

DSC02735

で供されたのが「タンドリーチキン」と、付け合せのソースに「グリーンチャトニ」(ミントやコリアンターリーフのペースト)だ。しかし、なんでこんなにサービスしてくれるんだろう? 僕のこと、どこかの芸能人と勘違いしているのか? 他のテーブルを見ても、なにも出されていないのよ。僕と似ている芸能人って、あえて言うなら見栄晴ぐらいなんだけど…。

またこのタンドリーチキンがなめらかなソースで美味しいこと、湯島の「デリー」に昔あった「チキンティッカ」の味わいに似ている。食後の飲み物が付いて2800円程度、これ絶対お値打ちですよ。ここのメニュー全部制覇するつもり。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA