野方「十八番(オハコ)」凄旨の手打ち醤油ラーメン。餃子も単品メニューもスキのない美味しさ。


この店を知って20数年になるかな。すべてのメニューはなにをいただいても納得の美味しさ。特に孟宗竹で手打ちされた自家製麺で仕上げたラーメンは、そのクオリティの高さに驚かされるだろう。

久々に訪問。店内は入口向かいにカウンター5席、右手に4人席のテーブルが3卓、その奥が製麺所になっている。

この日は「らーめん」800円、「肉ニラ豆腐」800円、「焼きぎょうざ」600円をオーダーした。

肉ニラ豆腐は嫌味な甘さの全くない熱々の餡は旨味充実。たっぷりのプルンプルンの豆腐、バラ肉、ニラを一緒にレンゲで頬張ればご飯がメチャ進む。実に美味しい。

ラーメンは、澄んだ醤油スープに佇む肩ロースの焼豚2枚にメンマ、ややウェーブの手打ち太麺。いかにも旨そうな絵姿だ。スープを一口、

「旨い!」

醤油のエッジを立たせながら、奥深い旨味とコクに彩られた鶏ガラ主体の清湯だ。

モチモチでサラリとしたコシのある太麺の食感、見事なバランスにため息が出る。

焼豚もほどよく柔らかで、綺麗に下味が入り、メンマは余計な味付けがされていなく邪魔しない。

「相変わらず旨いな~」

としみじみしてしまう。

焦げ目美しく、カリカリの餃子は肉と野菜の餡のバランスよく、ほどよく下味が入り、酢コショー、酢醤油でいただくとこれもまた旨い。北関東や東北では孟宗竹でこしらえた麺をよく見かけるが、東京では数えるほど。「十八番」は東京の昔ながらの醤油ラーメンの体をなしながら手打ち麺と見事に融合、さらに昇華させている。

〈店舗データ〉

【住所】東京都中野区大和町22 電話0333318179

【営業】11時~15時 17時~20時30分

【休日】火・水

【アクセス】西武新宿線「野方駅」南口から徒歩8分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA