西国分寺「一葉松(ヒトワマツ)」酸辣飯、餃子、油そばどれも美味。この店主、味のセンス抜群。


国立に住む知人から勧められて訪れた「一葉松」。この界隈の人々は「よくある町の中華料理屋の味わい」と言っているようだけど、実際いただいたら、都内でもこの店に肩を並べる店はそう多くないと思った。

この一風変わった店名。源平の頃、若い武将に恋をした遊女が、その武将が戦死したという誤報から、姿見の池に身を投げたという話。その由来からこの辺りが恋ヶ窪と名付けられ、その遊女の死を悼み、植えた松が「一葉松」だそうだ。ここの店主、なんとも情緒的感性の方、店はお世辞にも綺麗とは言い難いが、味わいにその片鱗がある。

店内は入口正面にカウンター6席、右奥に4人席のテーブルが4卓といったスペース。店主は70半ばか。

この日は友人と一緒だった。「酸辣飯」700円、「油そばとミニ麻婆丼セット」750円、「餃子」350円をオーダーした。

まずは「酸辣飯」、見るからに食欲がそそられる絵姿。

一口、酸味、辛味ほどよく、軽やかな旨味。極めてバランスがいい。片栗でトロミをつけていないので、どちらかというとオジヤかリゾットといった風情で、これ初めての食感、美味しい。

ミニ麻婆丼は、凝った味付けではないけど、嫌味な甘さのない潔い味わいでこれも旨い。

「油そば」は薄い短冊切りの焼豚にナルト、メンマ、タップリのネギ。

これを徹底的にかき混ぜて食らうと滑らかで、塩気穏やかで、ほどよい旨味、これも美味。

マグカップのスープも美味しく、途中これを油そばに注いでいただくと、ラーメンに早変わり、これも面白い。

また「餃子」は香ばしい焼き目で、野菜多めでシットリとやや肉野菜汁が滲む感じ、これも美味しい。

この店主、腕がいいし、味のセンスが抜群。

「また食べに来ようぜ」

と友人。ボクも納得した。

〈店舗データ〉

【住所】東京都国分寺市西恋ヶ窪13014 電話0423231966

【営業】11時30分~15時 17時30分~20時30分 日・祝11時30分~15時 17時30分~20時

【休日】月

【アクセス】JR武蔵野線・中央線「西国分寺駅」北口から徒歩3分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA