自由が丘「カレー★スーパースター」体が癒されるインドカレー


自由が丘にある居酒屋の名店「金田」で友人と待ち合わせ。1時間ばかり早めに着いたので、何年かぶりに界隈を徘徊。

「確かこの辺だったよな

六本木「俳優座」裏手にあったカレーの名店「MURA」が自由が丘に移転し、そのご閉店。食用のドライフラワーが散りばめられた独特なキーマ風のカレーだった。

北口に古くからある雑貨、飲食店が立ち並ぶ「光街」、「自由デパート」をぶらぶら

「あれ、『餃子センター』がなくなってるよ」

アサリ、明太子、ホタテなど様々な具材を餡に入れて提供する餃子の専門店、いや~知らなかったな。しばらく来てないと店が様変わりする。商店街を大井町線の踏切の手前に「カレーのスーパースター」という看板を発見。

「カレーのスーパースターってずいぶん大げさなネーミングだな」

ということで後日訪れた。

2階へ上がると出迎えてくれたのが異国人の女性と短髪に髭を生やしたお兄さん。どうやらご夫婦のようだ。店内は色調の明るいカフェフーで、L字のカウンター5、6席とテーブル席が数卓。

「こちらがメニューになります」

この奥さん随分と日本語が達者だ。カレーは「オリジナルチキンカレー」(辛口)1200円、「スラキチカレー」(マイルド)1200円、「キーマカレー」(マイルド)1300円と「ダブルのせカレー」1400円の4種類。「スラキチカレー」とはスリランカカレーにキャベツとキュウリと大山鶏のカレーのようだ。とりあえず基本を抑えておこうと、

「ダブルのチキンとキーマください」

添え物は「プレーンヨーグルト」と「キャベツピクルス」のようなもの。

「キャベツはカレーにかけてお召し上がりください」

とのことだ。まずはキーマから、たっぷりの鶏ひき肉、クローブの香るほどよくスパイシーな味わい、仄かな甘味がある。

チキンはけっこうな辛口で、これもたっぷりの柔らかな鶏肉、仄かな甘味にくわえ、爽やかなスパイシーさ。

紛れもなくインドカレーだ。全体的に塩は薄めで、食べ終わる頃に丁度いい塩加減に落ち着くように工夫されている。奥さんから言われたようにキャベツを乗せてカレーをいただくと、味がちょい締まるのが不思議、この付け合せはいいね。

でもなんて言うか、旨味がもう少し欲しいところかな。もっと鮮明な味わいになるような気がする。体を癒してくれるインドカレーって感じて美味しいね。ところでこの爽やかなカレーの味わい、どこかの店の味に似てるんだけど、まったく思い出せない。う~ん衰えたのかな

「このカレーの甘味はなんですか?」

「フルーツが少し入ってるんです」

なるほど、嫌味な甘さじゃないのが理解できた。いずれにしても再訪して「スラキチカレー」に挑戦しなければ。また来よっと。

〈店舗データ〉

【住所】東京都目黒区自由が丘21212 電話07035275588

【営業】月・水~金12時~14時30分 18時~21時 土・日・祝12時~20時

【休日】火曜、第1水曜日

【アクセス】東急東横線・東急大井町線「自由が丘駅」北口から徒歩3分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA