練馬「ケララバワン」穏やかなスパイス感の南インドカレー。


今でこそ南インドカレーはポピュラーになったけど、10年ほど前はその店舗は数少なかった。南インドカレーで一番の老舗と言ったら市ヶ谷の「アジャンタ」。その数十年後、閉店したけど南砂町の「デリーダルバール」にちょい衝撃を受けた。2003年頃に銀座の「ダルマサーガラ」、京橋「ダバインディア」などが相次いでオープンし、南インドカレーのブームが巻き起こる。ここ「ケララバワン」も2004年にオープンしている。

久々の訪問、2年ぶりかな。この店は基本南インド料理だが、北インド系のカレーも提供している。

この日は「エッグマサラ」のベリーホット、パロータが2枚付いて1480円とちょい割だが、ランチのカレーじゃないので仕方ないかな。

玉ねぎなどのたっぷりの野菜、未熟のバナナの実も入っていたような。ブラウンマスタードシードにワイルドシナモン、カレーリーフも入っているような。優しいスパイス感で塩加減も薄め。これにパロータを付けていただく。

パロータは本来チャパティの生地で作るんだけど、これちょい甘いのよ、何故だろう、日本人に合わせているのか。

茹で玉子を崩して味に変化をつけると楽しい。やや量が良くなくて980円ぐらいだったら納得だけどな。

もう一つはランチの「チキンカレーセット」800円、ベリーホット。これまた野菜たっぷりのサラサラのカレーに鶏モモ肉が一本。大盛りのライスはインディカ米じゃなく日本米。確か日本米に似た大粒の短粒米があったように記憶しているけど、それを意識しているのか、いや違うな。

これも穏やかなスパイス感で胃袋に優しい味わい、バクバクいけてしまう。やっぱ南インドカレーはいいね。

食後はホッとチャイ、かなり甘いけど、これが本場の味わいだ。

魚のカレーやドーサ(米と豆粉のクレープ)をはじめとするティファン(軽食)や、魚と青バナナの蒸し焼きなど、あまり知られていない南インドの料理も数多く用意されている。ここは仲間と連れ立って、ディナーを楽しむのがいいと思う。

〈店舗データ〉

【住所】練馬区豊玉北5314松村ビル1階 電話0339915218

【営業】月~金 11時~15時 17時~23時 土・日11時~23時

【休日】無休

【アクセス】西武池袋線・都営地下鉄大江戸線「練馬駅」西口から徒歩5分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA