練馬「やまの」病みつきの「辛い汁ソバ」&「ジャンボ餃子」&「まぜそば」。たまらない美味しさ。


ココは「煮干中華」が売りのようだけど、客の9割が食べているのは「まぜそば」だ。でもボクは「辛い汁ソバ」と「餃子」が一番好きなんだよね。

ちょっと刺激は強いけど、体がなまっている時にこの「辛い汁ソバ」をいただくと体の芯からシャキっとする。ご覧のものは「辛い汁ソバ」800円+半熟味玉100円だ。

麺は平打の太麺、スープは四川の麻辣で、おそらく、豆板醤、粒花椒、丸唐辛子、八角などたっぷりの油で炒め醤油ベースのスープで伸ばしたものだろう。

四川だと若干砂糖を加えるけど、ここは極々小料と思われる。唐辛子、粒花椒の風味とちょい痺れる辛さ、スープの深いコクがたまらない美味しさ、二口目あたりがドバっと汗が吹き出る逸品だ。

また「餃子」300円はビックサイズが3個。これメチャ旨い。とにかくでかくて、箸で持ち上げるのがやっと。

肉と野菜のバランスよく、下味のしっかり入った肉汁がほどよくしたたる味わい。とにかくこのコンビを食ったら元気百倍だね。

また人気の「まぜそば」はいわゆる流行りの「台湾まぜそば」。たっぷりの挽肉、ニラ、ニンニク、海苔に生玉子の黄身。これを一気にかき混ぜて食らいつくほどよい辛味、深い旨味はたまらない美味しさだ。

ご飯が無料なので、残ったタレに絡めていただくのがベター、でもボクは卓上の割スープを入れてわずかな麺と一緒に雑炊のように食べるのがいい。

「煮干中華」750円は一見さっぱりとした絵姿だけど、これがパンチを喰らったような煮干の香りと、ガツンと旨味が効いた味わいでこれも美味しいね。

中からはワンタン? どうやらウドンで言うところの「ひもかわ」のようで、単なる中華麺を平に伸ばした麺が入っている。これなんだろうな、でも得した気分だ。

店内はラーメン屋というよりは居酒屋風情、店員のホスピタリティーもよく、居心地のいい店、とにかくどれをいただいてもハズレなし。

〈店舗データ〉

【住所】東京都練馬区豊玉北2311豊玉ビル地下1階 電話0335577099

【営業】11時30分〜14時30分 18時30分〜24時

【休日】

【アクセス】西武池袋線・地下鉄有楽町線「練馬駅」から徒歩3分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA