練馬「くりのりカレー」バツグンに旨いインド式のカレーライス。練馬のカレーに新たな風、いい仕事してます。


「オレまだ食ってないけど、練馬に新しいカレー屋が出来たぜ」

と隣駅、中村橋に住む友人からの情報。それから1か月が経った。

練馬駅から川越進行方向、西武線の高架を左上に見ながら真っすぐ。小さな交差点をそのまま、右にカーブするコーナーに「くりのりカレー」が現れる。

※この看板が目印。

店内はカウンター6席。ご主人は30半ばかな、極めて清潔な店内だ。

ファーストチョイスは、メニューの筆頭を飾っている中辛の「チキンカレー」850円+ゆで玉子50円をオーダー。しばらく経ってから「あいもり」があることに気付くが時すでに遅し。

なんとも旨そうなデコレーション。ライスの上には玉ねぎの酢漬け、フライドオニオン、レモン、茹で玉子。カレーにはゴボウ、ブロッコリーがあしらわれている。

「半分食べ終わった頃に、ちょっとレモン絞ってみて下さい」

「あ、はい」

まずは一口。

「いやこれは美味しいわ~」

サラサラな粘度、数種のスパイスとカレー粉だろう、どれも突出せず極めてバランスがいい。辛味ほどよく、塩の塩梅も申し分なし。

最近、南アジア式カレーをスパイスカレーと言うようになったけど、これは違う。これはインド式。スターター、テンパリングのホールスパイスが入っているわけじゃない。すべてパウダー。かつてのボルツや夢民、神保町のいい時期の「カーマ」にどこか似ている。またお茶の水にあった「インデラ舟」を微かにホウフツ。スパイス系カレーはレシピがあればある程度誰でも作るけど、この手のカレーはセンスがなきゃ表現できない味わい。いや~、久しぶりに美味しいカレーにヒットした。もっと早くに来るべきだった。言われた通りちょいレモンを絞っていただくと、爽やかな味わいに変貌してこれもいい。

「これメチャメチャ旨いですね」

「ありがとうございます」

「いつ開店したんですか?」

「2月22日です。僕の下の名前が『のり』でもう1人が『くり』で、くりのりカレーなんですよ」

「ああ、2人名前からのネーミングなんですね」

「今日は用事かあって抜けてますけど、2時には戻ってきます」

とのことだ。ライスもカレーも大盛にすりゃ良かったと後悔した。

「今度ポーク食べに来ますね」

「ぜひ」

※彼がのりさん。

〈店舗データ〉

【住所】東京都練馬区練馬3-17-2 電話03-6914-8989

【営業】12時~15時 17時〜20時 祝12時~15時

【休日】水(臨時休業あり)

【アクセス】西武池袋線・都営大江戸線「練馬駅」西口から徒歩5分

【喫煙】昼夜喫煙不可


「練馬「くりのりカレー」バツグンに旨いインド式のカレーライス。練馬のカレーに新たな風、いい仕事してます。」への2件のフィードバック

  1. はじめまして、ごきげんよう!
    いつも拝見して楽しませていただいております
    私は食べログで毎日載せております。
    こちらはシェフのいい笑顔、きっといいお人柄、
    美味しいのをおつくりになっていると想像します、是非伺います。昨日伺った丸ビルスパイスB、もおすすめできます。
    昨日の食べログご確認くださいませ。何かの機会にいらしたらいいと思います\(^o^)/

    1. 初めまして。てつもご覧いただいてありがとうございます。食べログ見ましたよ。
      この店の存在は知っていますが、未食です。美味しそうですね。近々伺います。
      練馬の「くりのり」是非行ってみてください。穏やかなスパイス感で、ホッとさせられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA