立石「江戸っ子」屋内スカイダイビングの後、飲み助の聖地、立石でくつろぐ。


この日は連れと遠出。南武線の「越谷レイクタウン駅」に舞い降りた。初めて足を踏み入れる地域だ。ここに屋内のスカイダイビング施設「フライステーションジャパン」があり、予約を入れた。レクチャーを受けたあとダイビングスーツとヘルメットを着用して、下から強風の上がるドームで宙を舞った。楽しかったな、両足の付け根が傷んだ。

ここを後にして、葛飾区の立石へ。

 

「とにかく腹減ったな~」

ということで、駅前の「栄寿司」で握りを。

ヒラメ、コハダ、中トロ、煮イカをちょいつまんで、焼きトン居酒屋の名店「江戸っ子」へ出陣。

「相変わらず行列してるな~」

開店15分前、に20人ほどの列。5分前に扉が放たれると、みな思い思いに席につく。ここはカウンター席だけ25、6席かな、あっという間に埋まってしまう。

「お飲み物は」

「ボール2つください」

ボールとはハイボールのこと。城東と一部の城西地区、いわゆる下町に息づく氷を入れないハイボールのことを通称ボールという。これウイスキーじゃなく、甲類焼酎の独特な炭酸割り、カンパイ。

まずは「煮込み」360円だね。これをつまみながら一息、いい塩梅の味付けだね。

焼き物は「シロ・ダンゴの」の辛タレ、各2本計4本360円は安い。香ばしく甘味の全くないちょい辛のタレは酒が進む。

次に「ミニトマトキムチ」200円。酸味と辛味、爽やかな一品。

「赤身刺し」の酢味噌360円。どこかの部位の茹でた赤身肉、酢味噌も塩梅よし。

途中ボール氷1個を注文、この店お好みで氷の数量が調整できるのがありがたいな。連れは「ハイッピービアテイスト」380円。

「ナンコツ・レバー」辛タレ、各2本計4本360円、香ばしくコリコリのナンコツ、ネットリとしたレバー、旨いね。

締めに日本酒。女性にはライトピンクのグラス、この気遣いがたまらない。

店内は活気に満ち溢れ、誰もがニコニコ、その雰囲気がこちらにもシンクロする。店員のおばちゃんもお姉さんも極めて人柄がよく、とにかく気分がいい。

表には行列、早く彼らに席を譲らなければ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都葛飾区立石79 電話0336949593

【営業】16時~21時

【休日】日曜

【アクセス】京成押上線「京成立石駅」から徒歩2分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA