神田「勝漫」パワフルにして上品なカツ丼。


とんかつ専門店で、カツ丼を置いている店が意外に少ない気がする。だいたい蕎麦屋か定食屋食べる人が多いんじゃないかな。

この日は神田で打ち合わせを終え、なんだか肉の気分。

「久しぶりに勝漫行ってみるかな…」

ロースカツか三品盛りにしようかと一瞬考えたけど、ダシ醤油がちょい恋しくなり名物「大カツ丼」1700円をオーダーした。

ここの客層は、やや高齢のサラリーマンとおばさまが多いかな。10分ほどで登場。

分厚いロースカツを斜め切りにして、で~んとデコレートした絵姿。中身が小さく見えるけど、これは目の錯覚、丼がデカイのだ。

まずは脂の乗った端っこを一口。サクッとジュワッと脂が口の中を潔く汚し、ほどよい甘辛のダシが柔らかに包み込む。力強いけどどこか上品な味わいだ。合間に赤ダシでリセットし、次に赤身の歯ごたえを楽しみながら、バクバクと喰らい続ける。

「相変わらずパワフルなカツ丼だな…」

一般的にここまで分厚いカツ丼は敬遠されがちだけど、これは成立している。ただ「軽くカツ丼でも食べたいな…」と思っている人はやめたほうがいい。「今日は思いっきりカツ丼食うぞ」という意気込みがなければこのカツ丼に負けてしまうだろう。

〈店舗データ〉

【住所】東京都千代田区神田須田町11 電話0332565504

【営業】11時~14時 17時30分~21時

【休日】土・日・祝                                                        

【アクセス】地下鉄丸ノ内線「淡路町駅」A1出口から徒歩2分 都営地下鉄新宿線「小川町駅」A1出口から徒歩2分 東京メトロ銀座線「神田駅」5番出口から徒歩4分 JR各線「神田駅」北口から徒歩6分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA