神田「本石亭」のキーマカレー


140429_1354

この店に出合ったのは、神田、日本橋界隈を当てもなく散策しているときだった。小さな袋小路に迷い込むと、ビストロやイタメシ屋がちらほら、

「なんだか面白そうだな……」

と回り込んでいくと、小さな行列を発見。「本石亭」と記されて木製の看板下に「欧風カレー・インドカレー・ドライカレー・キーマカレー」のメニューが目に飛び込んできた。最近出合ったカレー屋で、いまダントツ一押しの店と言っていいだろう。

※写真ガラケーで撮ったものなので粗いです。今度撮り直します。

PAP_0274

お勧めはご覧の「キーマカレー」800円。クミンやマスードシードなどがスタータースパイス(玉ネギを炒める前に、油にホールスパイスを入れて香りを移す調理方)として使われていて、一口味わうと、極めてスパイシーでかなりの辛口。塩気の塩梅心地よく、旨味たっぷりながらサラリとした口当たりに驚かされる。またクローブ、カルダモンの風味がやや際立っていて、実によくできた味わいなのだ。

店主の太田修さんは、学生時代にアルバイトで始めたバテンダーを、そのまま生業にしたそうだ。後に銀座でバーをオープン。もともとカレー好きだったことから、昼を利用してこの店を2005年に開いた。果たしてこの店に本腰を入れるべく、バーはめでたく閉店、という経緯だ。

時間の都合がつけば、方々のカレー屋を食べ歩いているという太田さん。そんな熱意が、このカレーの味わいに垣間見える。

昼は近隣のサラリーマン、OL、噂を聞きつけたカレーフリークで賑わい、夜は各種リキュール、カクテルを揃え、インド料理屋を始め酒に合う料理を提供している。

以下はその他のカレーと、夜のメニュー。

140429_1529

140429_1521

PAP_0011

PAP_0012

PAP_0014

PAP_0016

PAP_0017

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA