神保町「神田餃子屋」クオリティーの高い大衆中華の雄。昼時は常に行列。


仕事モードの時じゃなければ、神保町での昼飯で行く店はだいたい決まっている。カレー屋なら「共栄堂」、「ディラン」など各店。洋食やトンカツなら「アミ」(閉店)、「万平」、「キッチン南海」、「ポンチ軒」。割高だけど天ぷらなら「山の上ホテル」、廉価店なら「天丼屋」、「いもや」。中華だと「太一」、「スートポーヅ」、「新世界菜館」。

そんな中、駿河台に会社があった頃もっとも通ったのが「神田餃子屋」だ。とにかく大衆中華の中でここはクオリティーが高い。

この日は「広東麺」780円、「海鮮あんかけ焼きそば」1000円、「黒豚餃子」600円を注文。

「広東麺」はたっぷりの野菜、肉厚なシイタケ、熱々でツヤツヤの餡は塩加減の塩梅がドンピシャ、ツルツルのストレート麺との相性よく、これが実に美味。

また「焼きそば」はこれも熱々の餡に堅焼きした麺がよくマッチ、これも美味しいね。

重量感のある「黒豚餃子」はたっぷりの餡、野菜多めの優しい味。これ正直言って系列店の「天鴻餃子房の「黒豚餃子」の方がはるかに美味しいんだけど、なぜだろう。

確か、親戚や兄弟で経営している「天鴻餃子房」の餃子各種は、どれも美味しい。なぜか本店の餃子の味がボケていると、昔から不思議に思っていた。姿かたちは一緒なのに。

だから餃子が食べたい時は天鴻餃子房」に行って、一品や麺料理が食べたい時は「神田餃子屋」とボクの中でみ分けている。じゃなんでわざわざ「黒豚餃子」を頼んだのか、ひょっとして美味しく変化したんじゃないかと期待したからだ。でも同じだった。

まあ、そうはいってもこの餃子も悪くない、軽やかな味わいで、体には優しそう。今回は注文しなかったけど、「野菜タンメン」もオススメなんだよね。。

〈店舗データ〉

【住所】東京都千代田区神田神保町14 電話0332925965

【営業】月~金11時~22時30分 土・日・祝11時30分~20時

【休日】無休

【アクセス】都営新宿線・都営三田線・地下鉄半蔵門線「神保町駅」A5出口から徒歩3分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA