神保町「勝本」硬質な細麺と滑らかな太麺の相盛りのつけ麺、実に素晴らしいアイデア。


2年弱前、店舗は出来ているものの開店する気配がなく、そのままの状態がしばらく続いていた。

「いつオープンするんだろう」

と近隣の誰もが見守っていた記憶がある。

神保町で打ち合わせを終えたのが11時まえ。

「そうだ勝本はもう開店してるな」

と思い立ち、久しぶりの訪問となった。いつも行列なんだけど、早い時間帯なので客はまばらだった。

券売機で「味玉清湯つけそば」930円を購入してカウンター13席の中ほどに腰を下ろした。

清潔な店内、パリッとした白いコック服をまとった店員は相変わらずムダのない動き、これが気持ちいい。

丁寧な仕事ぶりがうかがえる美しいデコレーション。このつけ麺の最大の特徴はストレートの中太と細麺の相盛りだ。

まずはスープをいただくと、酸味はほのかで甘味は一切なくスッキリとした醤油味、あえて言うなら中野「大勝軒」にどこか似ている。

次に細麺を浸してズルズル、硬質な歯ごたえが心地よい。

そして太麺は滑らかな口当たりでこれも旨い。一回で2度楽しめてしまう、いいアイデアだと思う。さらに細麺と太麺を一緒にしてズルズル頬張るとまた面白い食感になって3度楽しめる。

バラの焼豚も美味しく、味玉もトロトロでこれも美味。スキのない美味しさだ。

〈店舗データ〉

【住所】東京都千代田区神田猿楽町1-2-4  電話03-5281-6801

【営業】11時~17時

【休日】日

【アクセス】地下鉄各線「神保町駅」A5出口から徒歩4分 JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」御茶ノ水口から徒歩7分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA