神保町「仙臺」味よしコスパよしのカレーライス


DSC02405

神保町、錦華通り沿いにある「仙臺」は牛タンとカレー&シチューの店だ。店内は左手の窓際にカウンターと右手に厨房を囲むL字型のカウンターがある。厨房には初老の職人が2人。どれにしようかとメニューを眺めれば「ポークカレー450円」と破格の値段。よしこれに決めた。

DSC02407

登場したカレーはやや褐色のソースに山盛りのご飯、一口頬張ると、

「うっ、旨い!」

どこかの味に似ているな~、と記憶をたどれば、「共栄堂」と「キッチン南海」をミックスしたような味わい、よく出来ている。

共栄堂やキッチン南海ほどスパイシーではないが、コクとソースの滑らかさが酷似していて、塩加減が絶妙なのだ。ご飯はどんぶり1杯半ほどもあるが、カレーソースが旨いのであっという間に完食してしまった。厨房の職人を眺めていると、雪平鍋でスープ作りの作業、味見を何度も繰り返し、調味料を足して確認している、手作りのようだ。

しかし450円ってこのコスパの良さ、スタンドカレーでも今時この値段は難しい。かつて神保町にあった「雀荘つかさ」のコーヒー付き400円のカレーライスをふと思い出す。

家賃も安くないと思うけど、どうやってコストを抑えているのだろうか、不思議。とにかくよくできたカレーライスだね。近々他のメニューも食べなくちゃ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA