目白「丸長」酸味と甘味の強いつけそばのスープは、野菜やチャーシューを入れると柔らかな味わいに変化する。


目白でよく通った店は、「名帆里」のハンバーグと「ミュール」のオムライス。いずれも10数年前に閉店している。ラーメン屋だと「さんかく」だけど、現在ご主人が体調を崩されて休業している。それとこの「丸長」だ。

土曜に訪れると20人の行列。でもここは回転が早いのでさほど苦にならない。店内はL字のカウンター9席。ご家族で切り盛りされている。

オーダーは「チャーシュー野菜つけそば」+「生卵」1150円だ。

細切りの焼肉のようなチャーシューとモヤシ、キャベツがビッシリ。ここのスープは酸味と甘味がかなり強く、最初は戸惑ったけど、通い続けると馴染んでくる。チャーシューと野菜を入れるとその強い酸味と甘味が柔らかくなるので、こればかり注文している。

ずはチャーシューや野菜をいただいて、具を少なくすると麺が浸しやすくなる。

ストロークの長い太麺をつけてズルズル、旨いね~。再び具をいただき、今度は卵を崩して食べると穏やかなスープに変化する。かなりのボリュームお腹がいっぱい、ついつい食べ過ぎてしまう。

〈店舗データ〉

【住所】東京都新宿区下落合3194 電話0339514378

【営業】11時~15時

【休日】日・祝

【アクセス】JR山手線「目白駅」から徒歩4分


「目白「丸長」酸味と甘味の強いつけそばのスープは、野菜やチャーシューを入れると柔らかな味わいに変化する。」への2件のフィードバック

  1. 突然のコメントお許し下さい。
    目白にあったミュールは、有楽町線の氷川台で復活していますよ。
    オムライス、ハヤシライスも変わらぬ味です(^^)
    ご存知でしたらすみません。

    1. いつもご覧いただきありがとうございます。氷川台にミュールが復活していたこと初めて知りました。ありがとうございます。この辺りはクルマでよく通るところですが全く気づきませんでしたが、さっそく店を確認してきました。今度行ってみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA